« 経営と音楽 | トップページ | もっと業務のスピードアップを »

2006年1月31日 (火)

いよいよドコモも定額制が普通に

ケータイ定額制時代が本格化する模様です。
今年は勝負の一年ですね。

それにしてもこのタイミングでDoCoMoが全料金モードに
パケホーダイを導入したのはauを意識しているような気が
しなくもなく、まさに微妙です。

○○○○のうた&メロのauサービスが大きくリニューアルしています。
まもなく始まるとうわさされるauのカバー着うた関連サービス再編への
対応なんだと思います。
○○○○といえば、先日の某コンテンツサミットの乾杯の音頭を
社長が採られて、あとでケータイ誌の編集の方から「あれはどういう意味
だったんですか」という意味深な質問をされたことが記憶に新しいところです。

こういうネタはほかにもいろいろあって(1月は水面下での動きが
ほかにもいくつかありました)、本当に話題にこと書かないんですが
あまりここに書きすぎると、お前は仕事をしていないんだろ、とか、
陰口を言われてしまいそうなので、、、、。

あと、最近メールマガジンで何回かECを試しにやってみました。
まあまあ売れ行きがよかったので、そろそろECに関しては、スタンスを
決めるべき時期がやってきたみたいです。

|

« 経営と音楽 | トップページ | もっと業務のスピードアップを »

コメント

テレビCMなんかを見ていると、『続きはHPで』というメッセージが出ますよね。
それ自体は、何年も前からあって、今更珍しいものだとは思えません。
ただ、そういうネット上の情報を見てもらいたがっているのだな、という強い意思は感じます。
ところが、携帯でネットを閲覧しようとすると、情報料を払わなきゃいけない。
なんで、見てもらいたい側のために情報料を払わなきゃいけないんだ?、おかしいじゃないかと思うわけです。
しかも、見てもらいたい側は情報量を増やしたがっているし、実際に増やしている。
もうね、そんなものに代金なんか払いたくないんですよ。
だから、企業系や商売色の強い情報については、閲覧者の負担はゼロにすべきです。
はっきり言って、まだ完全定額制が普及しきっていないことは疑問でなりません。
遅いんですよね。

投稿: 猫舌エンジン | 2006年1月31日 (火) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよドコモも定額制が普通に:

« 経営と音楽 | トップページ | もっと業務のスピードアップを »