« メディア成長曲線 | トップページ | 組織変更とか »

2006年9月11日 (月)

Gmailとブラウザー

うちにはibookがあるのですが、これと会社のPCとの共有をどう行うのか、というのがこれまで個人的には大きな課題でした。でも最近gmailを使うようになってからこうした問題は一気に解消してしまいました。

今やFTPもSSHを使うことが多くなったし、こうなってくると、別にwinマシンでなくてもよくなってきているように思います。最後の砦がモバイル用i-modeエミュレーターの存在ぐらいですが、これもすでに解消しているような気がします。(ブラウザーのバージョンとかが複雑になりすぎてスクリーンショットをとる以外の用途では今やほとんど使ってない)

ただし、私の持っているibookは変換機能とキーボードの感触がプラスチックの安くてしょぼい感じがする2002年ぐらいに購入したものなので、改めて新しいibookを購入しみるのがよいのかもしれません。最近回りでmac使っている人は多いです。もともと西海岸な人はmac/unixな人が多いのはわかるんですがね。

こういうのは、強引に言うならば、メーラーの自分の名前がいまだに日本語になってるか、そうじゃなくて例えばtakashi satoみたいにになってるか、で受け入れられる素量があるかの一つのバロメーターになるのではないでしょうか。(素量があることが正しいといいたいのではありません、感覚的な問題です)

日常的に触れるインターフェイスは、他人と差がつきにくいからこそ、気を使いたいものです。潜在意識に気を使う、というか。(それって何?という議論もありますが)

|

« メディア成長曲線 | トップページ | 組織変更とか »

よもやま話なこと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1212/3400114

この記事へのトラックバック一覧です: Gmailとブラウザー:

« メディア成長曲線 | トップページ | 組織変更とか »