« 自動販売機設置 | トップページ | wiiのライバルがいなくなる »

2006年9月 7日 (木)

ちょっとこの半年は

本気で休めなさそうな状況になってきました。それにしても猛烈に自信がみなぎってきました。(強がりとかじゃなくて)今の状況がそれを指し示していくような気がしてなりません。チャンスなのか試練なのか、誘惑なのか全くわかりませんが、何か会社創業期のころのようです。

こうして外に向かって何を言っても仕方ないですが、当社は端から見てポータル事業に邁進している一方で、今創業以来最大の事業変革期にあります。しかもかなり強烈な。(こうして事業変革を組織としてそれに責任ある立場として経験できることに感謝したい)

mobile2.0とか、時流に乗る・事業ポートフォリオをきれいにする、クロスキャリア展開していくとか、現状をよりよくしていこうとか、チャンスを生かそうとかそういうことをいってるような変革ではなくなってきました。たかが今与えられているレベルのチャンスでは、競争激化の中でせいぜい1年ぐらいしかもたないという直感があります。

モバイル業界は、がまんくらべという名の「醜い背比べ」をしているような感があります。どっかでコンテンツビジネスで着うた以外にブレイクする分野が現れるだろうとか、モバイル広告市場にたくさんのクライアントが入ってくるだろう、とか。

でも、おせっかいなことを言うと、多分がまんくらべをしている間にみんな窒息してしまうような気がします。ソリューションに手を出したり、プライベートカンパニーになっていったり、そういう会社をたくさんみてきました。(当社もこのまま行くとそうなっていく可能性が大いにあります、それが良いことなのか悪いことなのかは一概には言えません、気分を害してしまった方がいらっしゃいましたら大変申し訳なく思います)

ただ伸びている会社は、こうしたライフサイクルのきわめて早いモバイル業界の状況を心底理解し、会社や事業構造を次々に作り替えていける会社だと思うのです。当社はそうありたいと切に願います。

自分より給料の高い人を何人もやとって、もっとドラスティックに物事をかえてしまうぐらいのことをしていきたいと思います。めざせ「連邦経営」です。

だからこそここであえて門戸をたたく人も募集したいぐらいの思いです。9月は個人的には営業に同行して全国出張をしようと思っています。

とまあ、たまには強気なエントリーもいいのでは、と思いました。

ケータイ・ビジネス 成功の新常識―変化はチャンス鉱脈はここにある! Book ケータイ・ビジネス 成功の新常識―変化はチャンス鉱脈はここにある!

著者:佐藤 崇
販売元:ぱる出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 自動販売機設置 | トップページ | wiiのライバルがいなくなる »

社内・組織なこと」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとこの半年は:

« 自動販売機設置 | トップページ | wiiのライバルがいなくなる »