« 犬がわんわん | トップページ | 携帯wikipedia検索サービスリリース »

2006年10月 4日 (水)

自分より優秀な人

会社の一つの限界は経営者の器にあると言われます。よく「経営者以上の人は会社にはなかなか集まってこない」だとかいろいろ言われるようです。私の場合経営者なのか起業家なのか、自分自身よくわかっていない部分が多いんですが、会社のおかれている状況や成長フェーズによって「求められる」人はずいぶん異なるのではないかと思います。またひとえに優秀といってもいろいろな尺度がありますから、一概に言い切れるものではありません。

それが会社のために(でもそもそも会社のためって何のことなんでしょうかね?)役に立つ人と、社長・経営者としての自分のために役に立つ人はある部分では重なるようで、ある部分ではずれているように思います。

結局こういうのを常に考える(もちろん考え抜いてやりきって結果を出さなければなりませんが)レースをしていくこと自体が経営者になっていく、ということなのかな、と思います。(勝手な理屈かもしれません)

私も結構そういうところがありますが、最近のいわゆるweb2.0的で職人的ベクトルが強い創業者は、いざとなったら自分で全部やりぬくとか、誰の助けもいらないとか、まず自分があって、ユーザーやライバルがいて、みたいな物事の見え方をしているケースが結構あるのではないかと思っていて、創業者(サービスや事業を作る創始者・起業家)から経営者になかなかなっていかない(なる必要性がないと思えてしまう)ケースがでできているような気がしています。

でも、いろいろ経験してきた観点から考えると、本当に事業が「スケール」するとどっちにしろ経営化が求められるのかな、と思うのです。逆な言い方をすると、経営者になってくい必要がない、ということは、別にその事業なりサービスが「本当に」世の中一般に受け入れられていく、成長ドライブにスイッチが入った状態にまだまだなりきれていないのではないかな、と思うのです。

でも「本当に」儲かるようになってくると、もっと再投資して、事業の成長をもっと早めてみようとか、自分一人での限界を超えるチャレンジをしてみようとか、いろいろ考えるのかなあ、というのがこれまで経験の一つの結論です。(ほかにもいろいろあるとは思いますが)

逆に本当に儲かってないとこのプロセスはかなりつらい結果になってしまうように思います。一人や少数精鋭でやっていたほうが、そりゃー融通は利くものです。でももっとたくさんの人に事業やサービスを使ってもらったり、影響を与えられた方が幸せなのかなと自分は思うので、もっと儲けて(収益化はもちろんちゃんとして)正々堂々ともっとサービスを大きくしていきたい、と思うわけです。

S字曲線はある意味恐ろしい。自分自身をかえてしまいます。戦いは果てしないわけです。

|

« 犬がわんわん | トップページ | 携帯wikipedia検索サービスリリース »

よもやま話なこと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1212/3681928

この記事へのトラックバック一覧です: 自分より優秀な人:

« 犬がわんわん | トップページ | 携帯wikipedia検索サービスリリース »