« インキュベーター | トップページ | ポータルサービスはSNSに飲み込まれる »

2006年11月 3日 (金)

いろいろな発見とiチャンネルの可能性

iモードを使うようになって数日がたつのですが、なるほど今まで見えていなかった部分がいろいろとわかってきました。中でも今までauを使っていた自分にとって一番不思議なのがiチャンネルと呼ばれるメニューでした。これは考え方によっては、iメニューのライバルになるような存在だと思うのですが(しかもプッシュ配信機能があるからこちらのほうが機能上は上)、このページはカスタマイズができる上にプッシュ式なポータルメニューで、実は考えれば考えるほど、これぞ「モバイルSNS」を制する有力なプラットフォーム候補なのではないかと思うのです。(いまさらですがね)

なるほどEZ GREEはiチャンネルのEZweb版であるEZニュースフラッシュと連携するらしいです。でもEZニュースフラッシュよりもiチャンネルのほうがインターネット通信をベースとしたflashcastを駆使しているし、オープンだし正直洗練されていきうる可能性は高いと思うのですがね。このあたりは今後熾烈な戦いが始まるのでしょうか。モバイル分野におけるfeedビジネスとの関連性も何気に高く、軽く見ただけですがこの分野は実はとても興味深いネタがまだまだたくさんあるのがいろいろわかります。

iチャンネルはドコモ以外の利用者にとってはちんぷんかんぷんな仕様なのですが、デコメールのようにじわじわと利用者が増えていく流れにあるのでしょうか?

でも現状では、利用には追加料金が必要なのと、個人的にはもう少しインターフェイスが洗練されてほしいなあと思う部分が何箇所かあるので、80点ぐらいの採点にしておきたいと思います。

美しい文字とサービスとインターフェイスに触れるといろいろなことを思いつくことができます。ゲジゲジfontとは永久におさらばです。

|

« インキュベーター | トップページ | ポータルサービスはSNSに飲み込まれる »

よもやま話なこと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1212/4052749

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろな発見とiチャンネルの可能性:

« インキュベーター | トップページ | ポータルサービスはSNSに飲み込まれる »