« 日曜日のNHKスペシャル | トップページ | NHK特集 »

2007年1月18日 (木)

楽天がAPIをいよいよ公開

普通に考えてPCの世界ではなくモバイルECの流れに影響が出てくるのではないかと思います。先日ホットペッパーに続き今回の楽天ですが、APIを公開できる企業はモバイル専業ではほとんど皆無。PCからモバイルサービスを拡充するプレイヤーがAPIをベースとした情報経済圏をモバイル分野にも輸出を開始していますが、こうした流れは中期的には加速していくのでしょう。(まだそんな動きはおこってないじゃんという段階かもしれませんが、、、)

これはデジタルコンテンツを販売するいわゆるコンテンツプロバイダーにも言えることですよね。従量制ダウンロードが主流になりつつあるのに広告やリンク連携が相変わらずトップページにしかとばせない今の広告事情だと、なかなか市場の拡大は難しいように感じます。確かに楽曲単位でリンクやドロップシッピングのようなモデルがだれでも自由に活用できるようになれば、モバイルのオープンサイトの広告事情も少しずつ変わっていくように感じます。(まあこうしたモデルはモバイル「広告」市場ではないと言われてしまうかもしれませんが・・・)

携帯電話の音楽コンテンツ市場は、コンテンツ市場全体の中での成長の伸びしろが定額制音楽サービスやゲームや電子書籍などに移りつつあり、正直過渡期にあるように感じます。(というのも最近コンテンツの市場の拡大に関して通信キャリアが以前ほど音楽コンテンツのことをアピールしなくなってきているからです)こうした市場を一部のヘビーユーザーが部分的に活用する、というレベルの現状を少しでもこじ開けて拡大していくためにもこうした取り組みが進むことを期待したいところです。

今年はモバイルサーチを進めつつも、オープンサイトの各プレイヤーさんに生かしていただきうるAPIをどうプラットフォームとして整備するかみたいなことをいろいろ考えていきたいと考えています。

検索プレイヤーとして各コンテンツやデータベースがたまってきたのでそれを自社サービスとしてはもちろんですが、他のプレイヤーさん・世の中の他の方々にどう活用しうる価値あるものにしていくことができるか、ということですね。

|

« 日曜日のNHKスペシャル | トップページ | NHK特集 »

モバイル検索・モバイルサーチ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽天がAPIをいよいよ公開:

« 日曜日のNHKスペシャル | トップページ | NHK特集 »