« 楽天がAPIをいよいよ公開 | トップページ | 新卒採用 »

2007年1月22日 (月)

NHK特集

http://blog-search.yahoo.co.jp/search?p=google+NHK&ei=

などを見ているとなかなか反響もあったようです。が、世代というかリテラシーによって受け止め方が全く違うようです。いろいろ調べてみたところだと

1.ハイエンドユーザー
今更な感じで番組はつまらなかった・・・
2.ネットを使うようになった普通の人
googleって怖い、やっぱりヤフーを使おう
3.ネットを使わない、関心が薄い層
googleって何?ヤフーと何が違うの?今度使ってみよう

みたいな感じだったのかなあと。

私にはインターネット上には1.2.の人の情報しかあふれていない感じがするので、世の中の人がどういう受け止め方をしたのか、全体としてどう動いていくのか今のところはあまりよくわかりません。

ただし3.の層が新たにgoogleを使ってみて、かつて私たちが感じた圧倒的にすぐれた検索に対する感動が2007年の現時点において得られるのかは正直疑問ですから、googleさんもいろいろ大変ですね。

思ったよりgoogleの宣伝になると思った番組でしたが、そうでもなかったのではないか、というのが私のとりあえずの感想です。ただgoogleを使っている意識のない人たちも結構いるのですね。(Yahoo などの直営検索エンジンを持たないそれ以外のポータルに展開されているOEMの部分とか携帯の検索では利用者はgoogleを使っている意識をあまり持っていないようでした)

ちなみに私はあれだけ騒いでおきながら結局見ませんでした。(実はわざとドラマ「結婚できない男」のDVD見てました)

あ、でも火曜日の深夜に24:00からNHK総合で再放送をやるとか。

そのうち「モバイルインターネット革命の衝撃」とかNHK特集でやってくれないかなあ。ああ、それにはまずは「web進化論」に匹敵するベストセラーが必要ですね。

|

« 楽天がAPIをいよいよ公開 | トップページ | 新卒採用 »

よもやま話なこと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1212/5030082

この記事へのトラックバック一覧です: NHK特集:

« 楽天がAPIをいよいよ公開 | トップページ | 新卒採用 »