« Uターン就職 | トップページ | 大垣日大 »

2007年4月 1日 (日)

数億件の検索結果を常に1秒以内に返す

今週末より、モバイル検索F★ROUTE/エフルートの検索結果に検索処理時間の長さを意図的に表示する試みを部分的に開始しています。これは対外的にも社内的にも双方に意味があります。

今年よりFOMAでもHSDPA 端末発売の本格化で大幅な通信環境の改善が見られる模様で、モバイルインターネットサービスにおけるリッチメディア化と(検索結果の)高速化は何より今年後半にかけての最重要課題です。

当社のサービスはユーザーや検索数がまだ少なかった場合は特に問題ありませんでしたが、当社の場合昨今ではユーザー数の急増に伴い瞬間同時アクセスが30検索以上にのぼることもある状況であり、一方で検索対象データ件数も検索機能の拡充をへて数億件以上に上ることが普通に出てきています。 (検索結果が高速化されるたびにどんどんクエリが増える状況のようです)

まあPCの検索サービスでは当たり前のことで、、、、、さくさく動いてシンプルで利用者にとって直感的な検索結果を常に出していくこと、長いマラソンはまだまだ始まったばかりです。

|

« Uターン就職 | トップページ | 大垣日大 »

モバイル検索・モバイルサーチ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 数億件の検索結果を常に1秒以内に返す:

« Uターン就職 | トップページ | 大垣日大 »