« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月28日 (土)

第二弾の記事

http://www.itmedia.co.jp/anchordesk/articles/0704/28/news022.html
「下流ではないケータイヘビーユーザー」という記事です。

今日から連休に突入しました。たまったDVDや本をまとめて見たり読んだりする日々になりそうです。ブログは気が向いたら書きます。

さてさて、当社モバイル検索サイトF★ROUTEでは、期間限定で利用動向調査を行っています。5/2までの期間限定調査です。すでに数千人規模でアンケートの回収が終わっていますが、もしよろしければこのブログを読まれている方もどうぞ。ケータイから検索結果ページにとんでいただきそのまま回答することが可能です。

| | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水)

連載スタート

突然ですが本日よりITmediaさんで連載が始まりました。ITmedia news ITmedia mobileなどで配信されています。ちなみに第一回は「ケータイ検索が使えない理由」です。

| | トラックバック (2)

ロゴが五月バージョン

よーーく見ると、涙を流す一瞬が・・・。なぜ涙を流すのかは後日お話します。

| | トラックバック (0)

どうでもいいんだけれど

本当につきぬける事業なんていうものは、最初は人から見放されるぐらいがちょうどよい。だから見放すものはとっとと見放して、再起に期待するのが正しいと思う。

ビジネスプランコンテストなんかに勝つようなアイディアよりも、見放されても執着してやりきれる事業のほうが重要。

人間落ちるときはどこまでも落ちていくけれど、落ちきってしまえばあとはそこから這い上がるだけだ。這い上がっていく感覚はとても楽しい。

事業とはつきぬけること自体や・仕事としてのプロセスの完成度を高めることが目的ではない。より多くの顧客に支持されることの連続性こそが成功である。すぐれたアイディア自体を求めることではなく、常により多くの顧客に支持される状況を一秒でも早く、一秒でも長く作り出すこと。

| | トラックバック (0)

2007年4月22日 (日)

「Flavor Of Life」の着うた(R)、音楽配信が総計558万ダウンロードを突破

http://www.barks.jp/news/?id=1000031135&m=jpop
これはかなりすごいですね。次にやることはすでに決まりですね。

他社がやれていることに追いつくことは、意味があるときと意味がないときがあります。一方で他社がやれていないことをやって意味があるときと意味がないときがあります。

| | トラックバック (0)

2007年4月18日 (水)

新卒採用もいよいよ架橋

残すは三次面接・最終面接のみとなったようです。今週末今回は空路で大阪に再度行ってきます。

それにしても去年の秋口から本当に長かった・・・。(関係者の方は本当におつかれさまでした)すでに入社承諾をいただいた方もいて(ありがとうございます)なかなか楽しみです。

今年入社した人たちも先週の全社員研修を経て通常業務に配属されました。まだ月日がほとんどたっていないのですがすっかりとけ込んでます。

そういえば今の事務所に引っ越してきてちょうと一年が過ぎました。月日の経つのはなんと早いのでしょう。

| | トラックバック (0)

最近思うこと

モバイルSNSをやっていないと、すべてのプレイヤーは機会損失するのかなあということ。

モバイルSNS事業者が検索事業を展開すると言い始めているのですが、公式メニューの掲載レギュレーションでは外部リンクを主目的とするサービスは公式メニューとしては提供できないことになっていますが、主目的とか副目的なのかよく知りませんが、それは本当のところどうなのか、ということです。

公式メニューからの遷移上ではサービス的には外部リンクを消して、一方で別経由でアクセスさせる場合は、別に気にしなくてよいのであれば、これはやらないほうこそが負けのような気もします。うちもやればいいんでしょうか。

もっともSNSの主要ユーザーは公式メニューからなんておそらく来ませんから、別に気にする必要がないにも一見感じます。

でもUIDがとれるのは決定的にうらやましいですね。

| | トラックバック (1)

2007年4月17日 (火)

focas matchについて

以前ブログ等でもサービス開始をご案内させていただきました、携帯サイト向けコンテンツ連動型広告「focas match」ですが、この新規のサービスメニューの申し込みが殺到しており、審査に時間がかかってしまっている状況です。まことに申し訳ありませんが、今しばしお待ちいただけますようお願い申し上げます。

広告配信サービスfocasは、focas search focas categoryなど他の形態での広告掲載も可能となっており、focas match以外のメニューに関しては個人メディア・法人メディア含めて幅広くご登録・広告の配信を行うことは可能です。ただ今回開始したfocas matchのみ、配信広告・審査の関係から現状一部メディアから少しずつ提供を開始させていただいている状況です。

まことに申し訳ありませんが、そのあたりご理解いただければ幸いです。focas match以外の形態の広告配信につきましては、申し込み後すぐにでも配信可能ですので、あわせてご検討のほどをよろしくお願いします。

こちらからどうぞ。

おかげさまで内外よりたくさんの励ましの声も頂戴しており、メンバー一同少しでも早く多くのメディア様に広告配信が開始できるよう努力してまいります。

| | トラックバック (1)

モバイル広告市場の話

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20070416AT1D1606O16042007.html

記事によれば2011年には携帯向け検索連動広告は494億円となるらしいですね。これは案外すごいことかもしれません。仮に市場シェア15%が取れれば、年間約75億円程度の売上げになりますね。

でもなんか少ないような気もします。ベンチャーならまだしも大手ネット企業が、投資家から期待を集めて新たに参入するべき規模なのかという話です。

仮にそれだけの市場シェア(ユーザー数)が押さえられるのなら、コンテンツビジネスを普通に展開した方がもっと儲かるような。垂直統合的にやる、みたいな。音楽と本とゲームをやった上で広告も取りにいく、みたいな感じですかね、でもそういうのは競合もひしめいているし、ルールはどんどん変わっていくし、なかなか実現するのは難しいんでしょうか。

しかし2011年は遠すぎる。今から4年後を考えるのはなかなか難しい。

以上日経の記事でした。

そういえば、今日の日経の朝刊の一面のコラムの中に突然当社の名前が出てました。突然だったのでちょっとびっくりでした。

| | トラックバック (0)

2007年4月14日 (土)

六大学野球も開幕

先日のレッドソックスの松坂投手に続いていよいよ今日から話題の東京六大学野球も開幕しました。なかなか盛り上がっているようです。今日の東京は晴天で絶好の野球日和だったようです。

私は大学時代ほとんど神宮球場に行かなかったのですが(試合があると授業が休みになるにもかかわらず)、今年だけは早慶戦を見に行きたいですね。5月末忙しくないといいな。

今年はいい意味でも悪い意味でも野球の年なんですかね。

一覧の一覧

| | トラックバック (0)

2007年4月13日 (金)

社員研修

昨日と本日とで栃木県のほうに全社員研修に出かけてきました。新しい発見もいろいろとあり面白かったです。全社的に行ったのは、2005年8月以来だったのですが、そのころと比べると本当に会社の中身は全く変わってしまったなあということでした。

次に研修旅行を行うときにはどんな会社になっているのでしょうか。

初めてwiiにさわりました。ボクシングはあれは相当疲れるのですね。

さてさてそんな最中ドリコムさんがいよいよモバイル業界にやってきました。どういう「参入の仕方」をされるのかずっと注目していたのでなんだかこれから先楽しみです。残る76世代系有力ネット企業はまあ○○○ぐらいですね。

| | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

携帯板Adsenseブームを引き起こせるのか

すでに一部記事にもなり始めていますが、本日より、携帯サイト向けコンテンツ連動広告 focas matchの正式配信を開始することになりました。

http://v.japan.cnet.com/news/release/story/0,2000067550,00017314p,00.htm

携帯サイト向けコンテンツ連動広告とは、携帯サイトの内容を自動的に解析し、ページの内容に最適化された広告を配信するものです。検索連動広告と組み合わせてPCでは配信数が伸びている分野です。これを携帯電話向けで一気に展開するものです。当社は携帯向けの検索エンジン事業を展開しており、現在利用者の急増と広告主の相次ぐ参入により売り上げが伸びていますが、これをさらにネットワーク力を生かして加速させようとするものです。
数日前より当社サイトF★ROUTEの一部ページなどで配信を開始しているのですが、掲載位置にかかわらずかなりのCTRをたたき出している現実に驚かされています。
 
今回のコンテンツ連動型広告の仕組みは、当社がこれまで携帯電話向け検索エンジンの開発・運営で培ってきた各種環境・創意工夫・各種技術の結晶が別の形でひとつの商品として世の中に輩出されるものです。
 
これまで携帯電話向けのコンテンツ連動広告は、そもそも実現が不可能である、といった考え方が大半でした。一方で個人的には今年は実はこの分野が大きく開花する年になるのではないかと考えています。そうした絶妙なタイミングのこの時期に、当社としても数千に上る携帯メディアを抱えるネットワークメディア事業者としてこうした新しい分野に挑戦できるその機会に感謝し、参画してくれているメディアに対して少しでも効果的な広告配信を実現し、収益化の仕組みを提供させていただきたく考えています。
 
文字通りadsenseがそのまま携帯サイトにやってきたかのように、申し込みをして申請が通ればそのままタグを貼り付けるだけですでにでも広告の配信を開始できる容易性が特徴だと思います。
興味をお持ちの携帯サイト運営事業者の方はこちらからお申し込みいただければと思います。

| | トラックバック (1)

2007年4月 9日 (月)

砂時計

砂時計は、昼ドラだが、結構はやっているらしい。

| | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

モバオク・モバゲーの開発手法

PDFで公開されているらしい。当然だと思うのだが、モバオクとモバゲータウンの開発手法・仕組みはよく似ているのだろう。

役割分担は大切だと思うけれど、文中にある「一人のスーパープログラマーが一人で開発する」というのが斬新である。いずれにしても事業変革をかなりのスピードでいきなり起こしていくときや、事業構築期に必要な進め方の一つなのかもしれない。

私も感覚的に感じることだが、立ち上げ期において、無駄な役割分担と役割の相互理解は事業の推進スピードを停滞させるだけなことが案外多い。

事業の成功は、事業そのものが世の中に価値あるサービスを提供してより多くの顧客に少しでも早く受け入れられることである。(まあこれが組織内のメンバーにとっての究極的な自己実現に重なるようにしていければよいということ)それを少しでも確実にするためには、早くやることであり、余計な要素が入り込まないこと、であれば、こうした手法が有効だろう。(ただ素人にはヤケドは必至でしょう)

たくさんの人が関わって組織的に動いて逆にうまくいくようになるのは、事業が立ち上がってそれを次のステージにもっていくときだ思う。

これはエンジニアに限った話ではない。すべての次元に共通する問題。

誤解を恐れずに言えば、「私はこれしか担当しない」「私はここには介入しない」「これは自分の仕事ではない」という官僚処理的な考え方を持つ人間は、新規事業開発やベンチャーには正直あまり向いていないと思う。(やれないということではない)かといって、一人で突っ走るスーパープログラマーしかいない組織も、なかなか制御は大変だろう。(まあ無駄にコストのかかる組織である必要はないかもね)

まあ十分に誤解されそうなエントリーだけれど、あまり気にしないことにしてみよう。あと事業の成功と組織の成功って多分違う

| | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

ケータイな課題図書

コミュナルなケータイ―モバイル・メディア社会を編みかえる Book コミュナルなケータイ―モバイル・メディア社会を編みかえる

販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

動物化するポストモダン―オタクから見た日本社会 Book 動物化するポストモダン―オタクから見た日本社会

著者:東 浩紀
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


内容に関する書評は別として、たまにはということで。「動物化」はモバイルに限らずインターネットユーザーを語る一つのテクニカルタームだと思っています。下のほうはずいぶん前に読んだ本ですが、今でも時々読み返すことがあります。

| | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

入社式

当社には毎週月曜日の朝「朝会」というものがあって、全員が一同に会する場があります。それ自体は別にあまり変わっているものではないのですが、2005年秋に私がNILSで宮崎に行っていろいろと感じることがあって「ああ、うちの会社にもそろそろそういうものが必要だ」と感じるようになってそれから原則ずっと行っています。

今週はそれとあわせて入社式があり、新卒で入社された3名の新入社員に対して、取締役と各グループマネージャーからお祝いのメッセージをお話すことになりました。私は「25歳までが最初の勝負だよ」と「勝ちパターンを早めに確立しよう」と言いました。

今日びっくりしたのは、本当に一堂に会したので(今日は入社式ということもあり出席率がかなり高かったしスーツの人も多かった)気がつけば、すごくたくさんの人が社内にはいるんだなあ、ということでした。

そのうち当社の新人がもしかしたらこのブログを読まれている方の会社におじゃますることがあるかもしれませんが、そのときはよろしくお願いします。

なにか今日はとてもすがすがしい気分になりました。

| | トラックバック (0)

先日の取材記事がヤフートップページに

現在ITmediaで取材いただいた記事がヤフーのトップページのトピックスに掲載されています。(19:40分現在)結構な勢いで人が来ています、、、、。(はてなブックマーク数も380を超えてしまいました・・・)

F★ROUTEの「★」の話が記事に登場しますが、実は岡田さんにお会いして最初につっこまれたのがこのサイト名に「★」が入っていることでした。(こういった純真に外から見ることのできる感覚は社内の人はもっとももったほうがよいです。)

外の世界からは知らないことがいろいろあるみたいです。今日も別件の取材のときに同じようなことを言われました。

世の中の人はムーディ勝山が「リアルタイム」にどれぐらいモバイル検索で検索されているか、あまり知らないようです。一ヵ月後に検索連動広告を入札してもそれはしょうがないんです。

| | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

大垣日大

センバツの中では密かに大垣日大を注目。(ベスト4進出のようですね)以前は東邦高校の監督として有名だったあの坂口監督がつとめていることで中でも印象的。あれ、この人どっかで見たことあったよな、と思ったらやっぱりそうでした。

それはそうと今度の金曜日の朝、レッドソックスで注目のカードがありますね。松坂大輔が投げますよね。。。。。

| | トラックバック (0)

数億件の検索結果を常に1秒以内に返す

今週末より、モバイル検索F★ROUTE/エフルートの検索結果に検索処理時間の長さを意図的に表示する試みを部分的に開始しています。これは対外的にも社内的にも双方に意味があります。

今年よりFOMAでもHSDPA 端末発売の本格化で大幅な通信環境の改善が見られる模様で、モバイルインターネットサービスにおけるリッチメディア化と(検索結果の)高速化は何より今年後半にかけての最重要課題です。

当社のサービスはユーザーや検索数がまだ少なかった場合は特に問題ありませんでしたが、当社の場合昨今ではユーザー数の急増に伴い瞬間同時アクセスが30検索以上にのぼることもある状況であり、一方で検索対象データ件数も検索機能の拡充をへて数億件以上に上ることが普通に出てきています。 (検索結果が高速化されるたびにどんどんクエリが増える状況のようです)

まあPCの検索サービスでは当たり前のことで、、、、、さくさく動いてシンプルで利用者にとって直感的な検索結果を常に出していくこと、長いマラソンはまだまだ始まったばかりです。

| | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »