« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月29日 (水)

有料掲載審査サービス開始

本日より、froute.jp検索の根幹であるディレクトリー検索の有料審査サービス(エフルート・ビジネス・プレミアム)を開始します。

現在froute.jpのディレクトリー検索の掲載申請が、ここ数ヶ月でかなりの勢いで増えており(特に7月以降の伸びが著しい)本音のところ審査がおいついておりません。より重要度の高い検索クエリ・ユーザーニーズを配慮して現在ディレクトリーの管理を行っていますが、時には取引のある企業さんにもご迷惑をかけてしまう状況も生まれてしまっておりました。そこで確実に審査させていただき、お客様のサービスを掲載させていただく別メニューでのサービスの実現より、より充実したディレクトリー検索サービスの提供を進めていきたいと考えるに至りました。

リリースにもありますが、当社のロボット検索のクローラーは、厳選サイトとして登録されることは、重要な起点サイトとして認識されることにもつながっており、もちろん他社検索サービス向けのSEO対策としてもご活用いただけるのではないかと思います。

http://froute.jp/bizp/

もちろん従来通り通常の申請依頼も受け付けておりますので(今までどおり無償)、あわせてご活用いただければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年8月28日 (火)

googleも携帯向けコンテンツ連動広告を開始

http://japan.internet.com/busnews/20070828/8.html

EZ GREEですでに開始されているようです。大手SNSへの導入は先日のモバケータウンに続きで、需給関係に影響があるかも。(今度聞いてみよう)

GREEは最近は、コミュニティーを見る限りいよいよスイッチが入ったような気がします。

ということでコンテンツ連動広告はここからが本気で勝負フェーズです。とにもかくにもスピードです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月27日 (月)

愛唄が売れているらしい

http://www.afpbb.com/article/pressrelease/pr-entertainment/2263194/1999992

着うたフルで、ミリオンセラーらしい。記事によれば、着うたフルでは初の快挙ということなので、以前取り上げた宇多田ヒカルの曲は、着うた、などをあわせた数字だったようですね。

パッケージシングルは、25万枚売れているようなので、いかに存在感が大きいかがわかるのではないでしょうか。

今年は着うたから着うたフルへマーケットが大きく舵を切る一年になると考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

ふきだしの話

ネットde穴リストさんが書いてますが、ふきだしは私個人ではサービスのロゴでとても重要だと思っています。だから改善する前のfroute.jpのロゴにはふきだしを意図的につけていました。(ここから見られます。今回のロゴにもどうしてもつけたかったのですがつけられなかった)mixi以外にもモバイルサービスではモバオクにもついてましたね。

これは正直コミックの話とかいろいろ考えて、輸入とかそういうことではなくて、日本国内のサービス向けの話なのかなと思っていたのですが、そうでもなかったのですかね。

それ以外では例えばGYAOとかついてましたね。(今は知らない)

あまり社外の人には言わないのですが、これまでの経験上ケータイのサービスで言えば、ロゴは「ダサ」い「カタカナ」が圧倒的によくて(難しいなら必ずふしだしなどで添えとく)、とかほかにも鉄則がいろいろあるような気がしていて、ふしだしは使いようだと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月23日 (木)

ネタの話

なんか無理矢理にでも思い切ったこと書かないとこのブログのページビューは上がらない(らしい)。
ということで、いろいろと書いてみたいと思う。(たいしたネタではないが)

・先日iメニュー検索の順位更新があった。当社の展開するモバイル検索サイト:froute.jpの順位は業界3強から全く変動しなかったのだが当社のパートナー会社であったYicha社の順位が著しく下がった。(ユーザーが減っていることは考えにくく他の外的要因がありそう)
・27時間テレビと24時間テレビとでは、ケータイユーザーのアクセス状況に影響があったのは24時間テレビだった。(私の予想は外れた)24時間テレビでプロモーションを展開したモバゲータウンは相当数ユーザーを増やしたことが想像できる。(真相はよくわかんないけど)
・モバゲータウンは、いまだドコモ向けに公式サイトでは「ないにも関わらず」、課金回収代行を活用したプレミアムアバターの購入ができるようになった。(greeではすでに実現している)
・ソフトバンクモバイルのユーザーのネットアクセス状況が以前と比較して著しく活性化進展しており、一方でこれをターゲットとしたサービスを未だよく知らない。
・いい意味でも悪い意味でもこの一年はモバイルSNS特需だったが、今後はどうなのか。
・相変わらずgoogleなどの検索サービスの検索結果内容の変動は各社が検索サービスに本腰になって一年近くがたつにも関わらず激しい。(SEOの観点から求められるキャッチアップは大変だが、振り回されているのは急速な一部の機会創出を狙うアフィリエイターでありそこまで猶予することでもない、SEOコンサルに指摘されてそんな日々変動するものにお金を使うぐらいなら、検索事業者・公式コンテンツ事業者双方の当事者としては、コンテンツプロバイダーとしては公式カテゴリーの掲載順位維持向上に対してもっとコストを使うべきなのでは)
・はてながiモード公式サイト化したが、greeのwikipedia結果VSはてなキーワードでiメニュー検索結果占領合戦が勃発しそうである。(そんなページ経由での滞在効果はほとんどないような気がするのは気のせい?)
上原さん情報によればamebloも公式サイト化される気配。そうなるとamebloVSイクセンとなってしまう。(モバイルでは冷静に考えてイクセンのほうが使いやすいのは明らかだけれど(担当者のレベルの問題)、対外的な空中戦ができるのはイクセンよりamebloであり、結局そこが問われるような気もする)

ネタはほかにもいろいろありますが、まだまだ思案中のものも多いですね。あくまで「ネタ」なので、その真偽に関しての責任は負いかねます。計画的にご判断ください。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

働きマン 連続ドラマ化

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070823-OHT1T00061.htm

水曜十時日テレということは「anego」「ハケンの品格」の枠ですね。この枠はこういうドラマが今後増えるような気がします。将来月9みたいになるのかな。菅野美穂は予想の一人だったのでふーんという感じ。以前考えてたことがようやく実現された感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月22日 (水)

地図サービスの行く末

通信キャリアが、ブラウザーを早期にajax化し、既存のコンテンツ事業者が対応を進めない限り、通信キャリアサービスであろうとも黒船googleにマーケットシェアは「すべて」奪われそうな勢いです。ただし有料サービスは顧客が減少する一方で、新たにサービス開発を進めることがどこまで建設的なのか。地図はタダではありませんからなかなか大変です。

このままだとgoogleマップアプリが強力な情報検索の入口になるかもしれません。

あー、でもソケット通信先はgoogleマップダウンロードサーバーだけなので、足元をすくわれることはないんですかね。

私は、ナビタイムみたいなサービスは一切使わなかったので、はや~く、903i以外にこうしたサービスが使えるようになることを望みます。そうなれば独占とか規制の弊害を消費者が多少は痛感するようになるのではないでしょうか。

そんなことよりドコモがEZナビウォークに対抗して、グーグルマップを担ぐと結構面白そうです。(でもゼンリンに出資したので無理ですかね)日本の消費者にはテレビCMを展開するEZナビウォークのほうがブランドがありそうですが、それに対してグーグルがどう切り込んでいくか。

それともナビタイムがグーグルに買収されればいいんですかね。まあ買収すればグーグルマップは携帯サービスだけ無理やり有料化されそうですがね。

と意味もなく、妄想をつらつらと書いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月20日 (月)

ドコモSNSカテゴリー

今日からなんだかまたサービスが増えているのですが、そんなことよりも、新着扱いになっていないサイトに新しい名前のサービスがあります。内容を確認してみるとカテゴリーが移転になったそうですが、こっちのほうが個人的には大変興味深いです。

このカテゴリー経由でどれだけ誘致があるかはしばし謎ですが、ここに掲載されることで、公式サイト間リンクが使える、ということがコンテンツプロバイダーにとってみればメリットですかね。○○○○動画が掲載されるのも時間の問題なのでは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月16日 (木)

ソフトバンク携帯

突然なのですが最近契約しました。(DoCoMo携帯はまだちゃんと使ってます)なぜかといえば凄い勢いで当社のサービスのソフトバンク利用者が増えているからです。結構凄い。ソフトバンク向けに最適化がうまくできていないところがあるのではないかと思い、ネイティブな視点からサービスを見られるようにするために端末を購入しました。

で、何をしたかというと、ひたすらワンセグを見ています。

ワンセグは、買ってもどうせ見なくなるとかいいますが、確かに都市部以外でなかなか電波が届かないので全国的に使われているとは思わないのですが、東京に住んでいる限り、私はバンバン見てしまいます。新幹線では新横浜をすぎるとほとんど見えなくなり、ちよっと残念です。

多分、ただ、これ視聴エリアが広がればはやりますね。

あと、ソフトバンクの3GはFOMAより体感速度が速いです。これは衝撃でした。

ということで少しずつサービスを改善して半年ぐらいでソフトバンクから使われうるサービスにしていきたいと思います。

しかも安い。それにしてもホワイトプランは強力です。音声通話はほとんどししないからちょうどいい。会社のソフトバンク携帯は当然ホワイトプランになっているはずだけれど、支持されている理由が少しだけわかりました。あと、申し込みをするときに、タッチパネルで手続きができたのには感動しました。

最後に、今回マイクロSDカードというのを買ったのですが、小指の爪の小ささに1Gのデータが入る現実を見てただ驚きました。これどうなっているんだろう、って。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年8月15日 (水)

8/15

今日は終戦記念日ということで、靖国神社界隈は大騒動です。うちのビルの駐車場には、NHKの取材の車が止まってます。。。通りにはフジテレビほか、他局の中継車がとまってます。ヘリは今の時間帯は飛んでいません。ああ、別にやかましいというわけではないので、仕事は普通にできます。ただ今週は夏休みということで、社会は閑散としているし、電話もあまりなりません。

とまあ、あまり意味のないエントリーをわざとらしく書きました。

東京と名古屋では、フジテレビでGTOの再放送をやっています。この関係で、これに関する検索が増えているようです。昼間のテレビは暇なのかな。ただ局地的な事象なので、全体の検索数の中で存在感があるという感じではないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月11日 (土)

パケット世代の話その2

http://japan.cnet.com/sp/mbs2007/story/0,3800078384,20353181,00.htm

7月の初旬に参加した福岡でのパネルディスカッションの内容が記事になりました。

世の中の大半の人はまだまだ、携帯とPCの主従関係なんて考えること自体ナンセンスだ(そういう考え方自体が主従関係を意識したもののように感じますが)、とかいろいろあるみたいです。

ただ私は携帯がPCでできることが、今の親指インターフェイスの延長線上にある、広義のユーザーインターフェイスが洗練された環境で全部できるようになれば、携帯とPCの関係は、今のwindowsにおけるmacのような立場になっていくのかなあ、と思っています。

今PCで実現していて携帯で実現できていないところは、アプリケーションの自由度だと思うのは自分だけなのでしょうかね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

パケット世代を語る本

少し前の話になるのですが、フロントメディアの市川社長が本を書かれました。

私も一部市川社長に直接インタビューされ、本の中にも名前が登場するのですが、この本は先日紹介した「モバゲータウンがすごい理由」と並んで、ケータイ世代(私はこっちよりは「パケット世代」とよく言うようにしていますが・・・)を紐解く入門書と言えるのかなと思います。

特に面白いのが、10代のユーザーの定額制ユーザー比率が他の年代と比較してひときわ高いのですがその理由は「親が払っているから」とか、ほかにもいろいろあります。

誰も知らなかったケータイ世代

誰も知らなかったケータイ世代 市川 茂浩

おすすめ平均
stars目のウロコが3枚落ちる
starsWeb世界の将来に関心がある者の必読書
stars中高生はどのように携帯を使っているか、携帯の将来性
starsケータイ世代とはなにか?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 9日 (木)

携帯ショッピングサーチオープン 検索対象は1000万商品以上

今日からモバイル検索サイトfroute.jpにて新たに携帯向け商品検索機能をリリースしました。

モバイルコマースでも事実上最大手のプレイヤーである楽天市場さんと提携して、楽天市場モバイルで購入できるほとんどの商品1000万商品以上がシームレスに検索できるようになりました。 (楽天APIをいろいろと「応用」して実現しました)   

商品名をそのまま入力して購入するモバイルユーザーはまだまだ少ないのですが、一方で何かを携帯で検索して、それに関連する形で商品情報がそのまま出てきて、その場ですぐに購入できるという流れは大切にしたい。

これまでは、例えば有名人に強い検索サイトであっても、音楽コンテンツのダウンロードぐらいしか連携させられるものはなかったのですが、今後は様々な付随する商品情報にそのまま繋がるようになりました。 別に商品検索のためにわざわざ我々のサイトにアクセスいただくというよりは、総合検索サイトとして商品情報にきちんとアプローチが出来る、ということの重要性を感じて導入を進めました。(商品検索をこのレベルできちんと展開している会社は事実上ヤフーモバイルぐらいなのでは)

有名人以外にも先日オープンしたエリア検索と組み合わせて、例えば地名関連のワードを入れると、そのご当地商品がそのまま検索できたりしますし、いろいろと使い方があるのかなと感じています。最近入力の多いキーワード「らきすた」「ひぐらしのなく頃に」などのアニメ・ゲームタイトル名でのヒット率が向上しました。過去のドラマのを入れるとそのままDVDも購入可能です。

もちろん単純に商品検索エンジンとしても、かなり競争力があるのではないかと考えています。当社独自のクラスタリング機能を用いることで、携帯ではまだまだ導入が進まない、ヒット件数が多様な検索サービスに関する一つのアプローチとして、今後も様々な機能の開発を進めて行きたいと考えています。

例えばキーワードに合致した商品が10000件あっても携帯ユーザーはさがすのをあきらめてしまいます。(機会損失)絞り込みさせればいいといっても、絞込みをする過程であきらめてしまうユーザーが大半でしょう。(機能提供の不均衡)であれば、絞込みを自律的に行ってナビゲーションをサポートする、分類分けは、本来こういった検索サービスの場合かなり有用なはずなのです。(実際音楽検索ではかなり有用に作用しているようです)

当然ですが、クラスタリング以外の価格比較はじめとする新機能の開発・細かいUIの調整などは利用者の動向を見ながら随時進めていく予定です。商品検索はなかなか試行錯誤が必要な分野であるとは感じていますが、逆にまだまだ既存のプレイヤーが開拓できていない分野であると思うので、がんばりたいと思います。

昨年より開始したwikipedia検索・youtube検索に加えて、今年に入って特に6月に立ち上げた音楽検索、7月に立ち上げたエリア検索とあわせて、今回のリリースによってこれで携帯から検索しうる価値のある情報に対して、かなりの部分で他社と比較しても極めて広範囲にわたって情報をカバーすることができるようになったのではないかと思います。  ここから先は、とにかく多様にヒットする環境を作っていく、ということとは別のアプローチを進めます。

今日で開発合宿も終了です。今回は実は検索に関連した開発はほとんど行いませんでした。何を作ったかとかそういうのはそのうち明らかに出来ればと思います。でも4泊は長かった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年8月 4日 (土)

脳内メーカー

少し前にも書いたのですが、じわじわと人気になってきているようで、今週さらに爆発しました。次は住所パワーあたりでしょうか・・・。今年はこうしたアプローチのサービスが流行する傾向にあるのでしょうか。。。

携帯電話が牽引役なのかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 2日 (木)

モバゲー×overture

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0708/02/news081.html

いよいよきました。勢力図に変化の兆しが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開発合宿

今週末から東京をはなれて開発合宿とやらをやることになりました。

はじめての試みで、エンジニア数名を引き連れていくのでそれなりに業務がストップするし、コストもかかる。見学者がいたりとか、それじゃあ日常と変わらないのではないかとかいろいろありますが、自分がやると決めたことでありますし勝手に変なプレッシャーもありますが、そういうのも含めてうまく生かす。

私個人としては日常のサービス企画・開発の延長線上でではできないこと、R&Dに近いこと含めていろいろやりたいと思っているのですが・・・。

私自身日常業務が満足にこなせているレベルなのか、よくわかりませんが、仕事や担当する事業が増えたり大きくなったりすると、以前と比較して随分普通の会社になってしまっているなあ、と思うことが多々あり(それがいけないというわけではなくて、ただそれ自身が正義となって一人歩きすると、ねぇ)そういうものを自分自身振り返る意味でもよい経験にできればと思います。

一方で参加するエンジニアの人は、とにかく日常業務や日常では自分のペースを守ったりいろいろ考えてしまう雑念を一切忘れ、開発漬けになってエンジニアとしての限界に挑戦してほしい。(じゃないと参加する意味はない、「まあこんなものか」「がんばったよね」とかは厳禁)

なんか最近決意表明系のエントリーばかりですね。まあいいか。
それにしても最近まわりくどい言い方が増えてしまった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »