« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月29日 (土)

今年一番面白かった本

題名と内容が少しずれているような気もするがこの本だと思う。(というか今年はあまり本が読めなかった)

過剰と破壊の経済学 「ムーアの法則」で何が変わるのか? (アスキー新書 42) (アスキー新書 42)
過剰と破壊の経済学 「ムーアの法則」で何が変わるのか? (アスキー新書 42) (アスキー新書 42) 池田 信夫

アスキー  2007-12-10
売り上げランキング : 1559

おすすめ平均  star
star天才の水晶玉
star充実した一冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近ブログには、書評を書かないようにしているのだが、この本は書き下ろし的新書であるにも関わらずなんか凄かったのでここで紹介する。

ムーアの法則と同じように、時間と日々の技術革新等の積み重ねが気がつけば、とうてい解決できなかったことを解決してしまった事例はほかにもいろいろありそうだ。

モバイル業界については、パラダイス鎖国ということで随所で触れてある。パラダイス鎖国といったり、ガラパコス諸島といったり、表現はいろいろだなあと思った。WAPが失敗して、imodeが成功した理由などは、自分がWAP側にいたからこそよくわかる話。

まあ世界を見て戦え、とか世界に目を向けろとか、こういう系の本にはおおい主張に関して、一方で「そんなに背伸びしてどこいくの」と思う瞬間もあるのも事実。格差が広がっている社会の方が、結局は経済成長していて多くの人にメリットは大きい、というのは事実だと思うけれど、もう少しマイペースでありたいとも思えてしまう。

でも一方で多分10年後は、日本には中国の資本の傘下に入る企業がふつーにいろいろ出てくるような時代がくるのだろう、というのは容易に想像できる。生きていくために必要な考え方ということで、明日は我が身、として認識する。今世の中で始まっている破壊と再構築の動きに順応し、新大陸に移住することしかないんだろうなあと思う。(この本に限らず最近いろいろなことを考えるたびに思う)

それはそうと、機会があればこの著者の方に携帯電話からのインターネットネット接続(ブラウザーによる携帯ページ閲覧)の分野に、青少年向けに一律に大規模な強制アクセスフィルターが入ろうとしている件について是非意見を聞いてみたいものだ。

携帯からのアクセスだけを規制したところで問題がなくなるわけではないこうした事象について、結局日本のネット企業の成長・投資を抑制し、携帯インターネットもgoogleに牛耳られる結末になりかねない反作用があることをお役所の人たちはどれぐらい認識しているのだろうか。

(誤解しないでほしいのは私は別にgoogleが牛耳ること自体、顧客価値の創造につながりさえしていればそんなに悪いとは思っていない)

| | コメント (0)

2007年12月28日 (金)

2008年モバイルネット業界を占う

今日は今年の最終営業日でした。納会もありました。(サービスの年末年始向けの仕込み・保守に関して は従来通り行っています)今年一年を振り返り、今年は会社・事業の構造が大きく変化した一年だったと感じています。一方でいろいろな反省も残った一年でし た。会社が変わった要因の一つに新卒が入ってきたことがありました。来年は新卒入社組がかなりたくさん入りますし、会社の雰囲気もさらに大きく変わってい くことと思います。

対外的には、私たちの業界は、大きな構造変化が起こるのが2008年であろうことはほぼ確実です。ということで私なりに2008年を占ってみたいと思います。年明けにブログに掲載する予定です。年末年始は書籍の執筆をしていることと思います。

最後に、もし時間があるなら、プロデューサーに読んでほしい本を何冊か掲載しておきます。

表現のビジネス―コンテント制作論
表現のビジネス―コンテント制作論 浜野 保樹

東京大学出版会  2003-01
売り上げランキング : 222139

おすすめ平均  star
star麻生太郎氏は、これに影響されたでしょう。
starエンターテインメントの構造がわかる
star良くも悪くも大学の講義で使う概論書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
動物化するポストモダン―オタクから見た日本社会 (講談社現代新書)
動物化するポストモダン―オタクから見た日本社会 (講談社現代新書) 東 浩紀

講談社  2001-11
売り上げランキング : 2032

おすすめ平均  star
starL'Arc‾en‾Ciel is the best japanese band in the world.
star「面白い見方」をしていると思う
starあまり心を打つものがないというか、、、

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ティッピング・ポイント―いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すか
ティッピング・ポイント―いかにして「小さな変化」が「大きな変化」を生み出すか マルコム グラッドウェル Malcolm Gladwell 高橋 啓

飛鳥新社  2000-02
売り上げランキング : 3775

おすすめ平均  star
starKind of a Take Like Freakonomics
starThe Hard Part Is Choosing What To Do First
star他人を納得させたいときには縦書きにしようかと思いました

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
テレビゲーム文化論―インタラクティブ・メディアのゆくえ
テレビゲーム文化論―インタラクティブ・メディアのゆくえ 桝山 寛

講談社  2001-10
売り上げランキング : 114014

おすすめ平均  star
starソフトウェア・ロボットを求める社会
starゲームって?
star細かい部分は面白いが全体の構成にやや難あり。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
人はなぜコンピューターを人間として扱うか―「メディアの等式」の心理学
人はなぜコンピューターを人間として扱うか―「メディアの等式」の心理学 バイロン リーブス クリフォード ナス Byron Reeves

翔泳社  2001-04
売り上げランキング : 345996

おすすめ平均  star
starノートパソコンを相棒だと思う気持ち・・・
starコミュニケーションって、しょせん思い込み

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
暇つぶしの時代-さよなら競争社会
暇つぶしの時代-さよなら競争社会 橘川 幸夫

平凡社  2003-06-19
売り上げランキング : 262915

おすすめ平均  star
star当たり前の事を当たり前に書いている書籍って少ないね
starコミュニケーション性の高い時代解説本
star時代のひまつぶし

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
心理マーケティングの技術
心理マーケティングの技術 重田 修治

PHP研究所  2004-02-04
売り上げランキング : 152523

おすすめ平均  star
starおもしろい!
star読みやすかった!わかりやすかった!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
接続された心―インターネット時代のアイデンティティ
接続された心―インターネット時代のアイデンティティ シェリー タークル Sherry Turkle 日暮 雅通

早川書房  1998-12
売り上げランキング : 230609

おすすめ平均  star
star宝の海
star自作自演に保護と憐れみを

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
イノベーションへの解 収益ある成長に向けて (Harvard business school press)
イノベーションへの解 収益ある成長に向けて (Harvard business school press) クレイトン・クリステンセン マイケル・レイナー 玉田 俊平太

翔泳社  2003-12-13
売り上げランキング : 1389

おすすめ平均  star
star本当に使える理論書
starソリューションということで…
star駄菓子でも桐の箱に詰めれば老舗の和菓子に見える、そういう本。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

froute.jp/エフルート の年間キーワードランキング

昨日エフルートの2007年の年間キーワードランキングを公開しました。これ、ヤフーモバイルなどと全然違う結果なので、どうしてなのだろうと思われているようです。

個人的には年間キーワードランキングよりも、月別急上昇ワードのほうが面白いと思います。

例えば

1月 あるある大辞典 DJ OZMA
2月 モスキート音 ムーディ勝山
4月 都市伝説
5月 恋空 顔ちぇき
6月 ビリーズブートキャンブ
10月 オカザイル
11月 905i

などは携帯特有で、少しだけ若者のトレンドを先取りしたほうな結果となっているのかなと思いました。12月は、まだ集計を開始していませんがずばり「サンドウィッチマン」でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月25日 (火)

エフルート×ガールズウォーカー

本日正式に発表となりましたが、12月よりガールズウォーカーさんに検索サービスの提供を開始しました。携帯電話からガールズウォーカーのサイトにアクセスいただくと検索できるようになっています。

また今回提供を開始した検索機能は、エフルートのそれとはいろいろなところが違います。そこが今回発表させていただいた「カスタマイズ」「最適化」になります。

本日偶然なのか必然なのかよくわかりませんが、ドコモとグーグルが提携するという「リーク記事」が出ましたが、当社としては、特に今後の方針をへんにぶらすのではなく、よりよいサービスを最速でエンドユーザーに届けることの繰り返しに忠実でありたいと考えています。

ガールズウォーカーさんはとても有名なサービスなので(特にモバイル業界以外に対しても)、リリースを公開後、おかげさまでたくさんのメディアさんから取材の連絡が寄せられています。たくさんの記事に掲載されることは大変光栄なことですが、少しでも携帯のエンドユーザーにわれわれのサービスを知ってもらいたい、使ってもらいたいという思いで、今後も事業拡大に努めたいと思っています。

話が変わりますが、3月に出る本の執筆をさせていただくことになりました。40ページほどあるらしいのですが、1月中旬までに原稿を書かなければならず、私の正月休みはなくなりそうです・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

お笑い芸人とブログ

ブログはいつしか機械が大量生産するスパムで満ちあふれるようにより、本当に価値あるブログは残る一方、日常感覚のブログは、SNSなどに移動してしまい、定量的な観測はほとんど意味がなくなってしまった、と感じる今日ごのごろですが、一方で今回のM1を通じて感じたことは、多くのお笑い芸人が自主的にブログを活用しているということでした。

ブログが情報発信元になっているこの現状はブログの発展にとってそんなに悪いことのようには感じませんでした。froute.jpには、narinari.comのニュースが掲載されているのですが、このブログ発に関するニュース記事は(大概の場合ヤフーやスポーツ新聞とかよりも早く報じられる)とても多くの人が読んでくれます。それは人々が求めていることの何よりの証なのかなと最近感じています。

従来、メディアと生放送・生中継を通じて遭遇する現実には、タイムラグがありましたが、それがおおきく変わろうとしているのだと思いました。今やブログやテレビは携帯電話で見られる時代なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月23日 (日)

M-1グランプリと携帯世代

今日は前からかなり注目のイベントになると見ていたM-1グランプリがありました。パケット世代には、とても相性の良い番組で、検索サービス側としてもある程度準備をして(というか私が事故が起こらないように、ただパソコンの前でモニタリングしていただけでしたが)臨みました。

中でも面白かったのが20:50ごろの検索状況です。優勝した「サンドウィッチマン」が突然急激に検索されはじめたのです。また一方でこの時間帯にテレビを見ていなかった人が「M-1 結果」といったキーワードを含めて「M-1グランプリ」それ自体を検索する勢いが急上昇しました。

私は出先だったので、最初に検索生中継を見ていて、「サンドウィッチマン」と検索する人があまりにも急に増えたのでこの時間帯に、何かケータイサイトが全国ネットのテレビで紹介されたのではないかと思いましたが、いろいろ調べてみると、それがM-1の覇者だったことがわかり、なるほど納得したのでした。

「サンドウィッチマン」に対して「サンドイッチマン」とか「サンドイッチ」とか、いろいろなパターンでユーザーが検索していたのが印象的でした。

追伸:うちの検索サービスからは動画投稿サイトのコンテンツがそのまま閲覧できます。特にニコニコ動画の「サンドウィッチマン」に関する状況が大変興味深いです。

この週末から、検索ランキングと、検索生中継をトップページのわかりやすい箇所へ移動しました。検索生中継は「あしあと」メニューからそのまま見ることができます。暇つぶしにどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

岐路に立たされたgoogleのモバイル戦略

本日mixiにオーバーチュアのコンテンツマッチが導入されたことで、googleの今後の出方が注目されています。mixiは今日からゲームサービスも開始しておりモバイル全力投入ですね。

青少年フィルターが陰を落としつつありますが、ヤフーモバイル・モバゲータウン・ミクシィモバイルを押さえてしまったオーバーチュア・ヤフー連合はモバイルの広告プラットフォームの王様になりつつあるのではないでしょうか。

mixiはgoogleともオーバーチュアとも提携できているというのが、とにかくすごいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月20日 (木)

忘年会

そういえば先週の金曜日に会社の忘年会がありました。外部からゲストの方がいらっしやったのとアルバイトも含めてだったので、お店貸し切りで60人ぐらいはいたのかなと思います。こういうときどういう座席配置になるのか、というのは、見ていてとても興味津々です。

レポートは、すずこが書いているので譲ります。

今回から、社長賞と副社長賞というのを明確に作って、みんなの前で表彰しようということになりました。事前に予告もしていました。ちなみに社長賞は今回から海外旅行です。逆に言えばうかつに決めるわけにもいきません。

まあもらった人はしっかり休んできてほしいです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュース検索・ニュースアラートサービス開始

JCASTさんとも提携していますが、携帯から無料で見られるニュースサイトを検索結果に確実にひっかけられるようにし、かつ新しいニュースが入ったらPUSHメールでアラートが飛ぶようなしかけを作りました。(仕掛け自体は単純ですが)
今回はNHKニュースがヒットするようになっていて、なるほどこれがなかなか強力です。

提携ニュースサイトは順次募集しています。検索エンジン連携を相互でできたりすると話は早いです。(ニュースサイト内の記事と検索機能が連携できることと、ニュース記事がヒットしてユーザーを誘致することとのバーターみたいなことです)

http://www.j-cast.com/2007/12/19014753.html

昨日は天王洲アイルの運河の船の上のバーで某社のパーティーがあり参加してきました。ニュースでお見かけする有名な方や、ライバルサービスの人たちといろいろと出会い、お話しすることができました。何よりお土産が豪華というか、意外なものだったのが印象的でした。

今年もあと少しですが、来年に向けた種まきをどこまでできるか、がんばりたいと思います。

そういえば、今度1月のMCFでお話することになりました。そろそろmobidecの記事がどこかにあがってもいい頃なのですが、mobidecの自分の話は、参加者の平均評価がかなり高かった、といろいろな人から言われたの印象的でした。

1月には当社サービスの戦略の話もある程度はしたいと思っていますが、そんなことよりももう少し検索のユーザーの動向や傾向を私なりに分析したものとかの話ができればよいなと思っています。そのほかにも会社としては、急成長中の分野である電子書籍のサービスナレッジもこの一年でかなり蓄積されてきており、そうした軸の情報発信も来年はいろいろ考えたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

めざましテレビはやっぱりすごい

じわじわユーザーが・・・。これ、やっぱりすごいんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10代に携帯インターネットは必要か

今の10代の携帯インターネットの使い方は少しおかしい。自分たちにも影響があるけれど、本当に業界が大きくなっていくためには、必要なプロセスなのではないかと思う。インターネット全体が変な評価・レッテル付けをされてしまわないためにも。

逆の発想もあって、躊躇なく大人向けに照準をしぼったサービスを展開できるということでもある。

私はインターネットをもっと庶民のものにしたいと思い、会社を設立しわざわざ携帯という新大陸で戦っているわけで、大人しか使えなくなるというのは残念だが、なんとかしたいなとは思っている。

そのうち大人にも携帯インターネットは危険だとかそういう話になっていくような気もする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

誰がそんな権限をもって決められるのか

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/37591.html
総務省からお達しが出ました。
来年はいろいろと転換点になりそうです。高校生向けサイトというのは、基本厳しくなるのでしょう。

今回は強制的適用にかなり近く、かなり思い切って踏み込んだ強い制度適用であり、私は現時点で大変猶予すべき問題であるとは思いますが、業界関係者は重く受け止める必要があると思います。

ただ思うに、仮に一番制度的にソフトランディングな、ブラックリスト方式になったとして、魔法のiらんどなどはどうなるのでしょうか。こういった場所はそもそも8年前から利用できていたわけですし、ケータイ小説などの新しい分野を開拓してきた場所でもあり、一方で学校裏サイトみたいな機能も作れてしまいます。(パトロール等で削除されているようですが)

一方でモバゲータウン(同種の10代をターゲットにしているモバイルSNS)にもケータイ小説を作ることができる機能などはある一方でおそらく今回の規制のターゲットの一つとして想定されていると思われます。だれがどんな権限で、どのサイトはNGか、どのサイトはOKかを決めるとでも言うのでしょう。

携帯電話からインターネットに接続できるようになった段階でこうした問題はそもそも内在しているわけであり、検索機能と定額制を通信キャリアが採用するというパンドラの箱をあけてしまった以上、PTAが叫んだところで、一度知ってしまった以上は、ユーザーはPCなりDSなり他のものを使ってアクセスするだけですよね。そもそも携帯インターネットは、ISP機能をも通信キャリアが寡占しているからこそ、こうした要請を受けざるを得なくなっているようにも思います。

まあ運転免許みたいな感じにして、リテラシーチェックみたいなものを経ないと使えないようにするとか、そういう感じにはならないんですかね。

ちなみにモバゲータウンでは、今回の通達をうけてなのか、現時点で18歳以下のコミュニケーションに関して、ミニメール制限などの対策を昨日エンドユーザーに対して発表した模様です。ただし私見では今回の通達と同時期であり、そういう意味では、総務省は仕事をしていることになるのかもしれません。

さてさて、うちの持家である検索サイトは中立であるべきだと思うし、別に10代に特化してサービス提供しているつもりはありませんが、これどうあるべきなのだろう、と思います。

私は今回の規制は、携帯電話から基本メール以外に一切インターネットを使えなくしてしまう、という強制力をもってして、水際で若者を守る、という視点では、ある意味英断なのかもしれないなと思っていますが、サービスごとに使えたり使えなくなるというのは正直理解に苦しむ部分がかなりあるな、と思っているだけです。まあいずれにしても定額制ケータイの普及率は下方修正を余儀なくされるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年12月10日 (月)

めざましテレビ

本日早朝、当社もサービス企画に関わる「声ちぇき」がフジテレビのめざましテレビ番組内で紹介されました。めざましテレビは、幅広い層・全国まんべんなくという意味では、今やNHKよりも告知効果があるのではないでしょうか。今やネット関連サービスにとっては、本当にお化け番組なのですが、早速とんでもなく利用者が流れてきているようで、年末年始・忘年会のネタとしてますます使われるとよいなと思っています。

一時期システム的に問題を抱えていた時期もあったようですが、現在はかなりよくなったようです。ただ今日テレビで放映されたことで一時的にまた負荷がかかってしまうのかも知れません・・・。

声ちぇき自体、おかげさまですでにテレビには何度か紹介はされているようですが、端から見ていてめざましテレビの威力は半端ないようです。ただあくまでその影響は直接的には放映前後15分程度しか持ちません。そこからいかに口コミ化されるものであるかかが鍵です。口コミ化にとって阻害要因が重なることで効果は半減してしまいます。

エフルート自体が紹介される日はいつくるのでしょうか・・・。(検索ランキングなどコンテンツ提供はいろいろできると思います)

もちろんこうした診断系サイトと提携ができれば、実質的に利用者へのエフルートの告知になることが見えてきています。
(我々froute.jpの携帯ユーザー数百万人を流し込んだりパブリシティーをうまく展開することでサービス初期の流れを作る→ネットで話題になる→テレビなど大きなメディアで取り上げられる→さらに利用者がやってくる、という流れ)

そうした軸で今いろいろなことが動いていますし、新たな提案等もお待ちしています。詳しくは会社サイト問い合わせフォームまで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モバイル音楽配信、2011年までに音楽販売の30%に

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0712/06/news020.html

日本と米国、さらにはこれから携帯が普及する新興国では音楽はケータイになっていくようです。そういう意味では、グーグルやアップルはますますケータイを主戦場として捉えそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法的規制の話

先週は2つのまあまあ重要なニュースがありました。大学のときにメディア産業政策論とか勉強してきた自分としては言いたいこともいろいろありますが、今後の事業を考える上で通信キャリアの戦略以上に重要な岐路がやってくると思っています。(思ったより遅かったが)

http://it.nikkei.co.jp/mobile/news/index.aspx?n=AS3S0702L%2007122007

特にこちらですが、現状のフィルタリングサービスが通信キャリアによってまちまちのまま、総務省が進める新制度が、即時導入されるのには少々疑問です。特にKDDIの現状のフィルタリングサービスは、事実上勝手サイトの全面規制な一方で、公式メニューが守られる、よくわからない代物のままです。例えば現状ではgoogle検索は守られて、ヤフー検索は規制されます。

こういうとき、先日立ち上がった業界団体みたいに、MCFなど含めて健全なモバイルインターネットサービスを発展させていくにはどうすべきか、みたいな議論がもっとされるべきなはずなのですが、どうなんでしょうかね。ブラックリストを作るのか、ホワイトリストを作るのか、だれが第三者として判断するのか、とか。

もっとも新規加入時のみに確認になる、みたいな感じであれば、あまり短期的な影響は少なそうです。ケータイだけが規制をうけて、PCネットがこうした規制を受けないというのが私にはあまりよくわからないところです。

いろいろ考えてみたのですが、抜け道だらけの規制になるか、厳しい規制なら今まで以上に親名義の10代利用端末が増えるか(これ今でも結構あるのよね)、だけなのかなと思いますがどうなんでしょうか。

PCのように学校で携帯ネットの教育プログラムを作ってほしいです。物理的に規制するなんてもはや不可能だと思います。一方でこんな仕様のままじゃあ、大人か子どもに限らず、フィッシング詐欺も近い将来いろいろと起こってしまうでしょう。EzwebでBREWを経由しないで金融系の取引なんて私はだからこわくてやれないてでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

宇多田ヒカル「Automatic」限定着うた無料配信

http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/37565.html

こんなこと始まりました。エフルートのトップページのバナー広告に最近よくアーティストのプロモーションビデオ広告が出ているのですが(浜崎あゆみやコブクロなど)今回宇多田ヒカルのこのキャンペーンの広告も配信されているようです。そちらなどからもご利用ください。

いろいろ楽しみなこと・悩ましいこと、双方が控える年末今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

905で見ると画像が汚い件

液晶解像度との兼ね合いで、ほとんどのサイトの画像・ロゴが荒く見えてしまっているようです。これはiメニュー内もしかり。これだけ905が売れているので対応は早急に考えなければならなくなるとは思います。ピクチャー広告バナーもしかりだと思われますが、そうしたアナウンスメントを未だ耳にしていません。

識別に都合のよい環境変数があればいいんですがね・・・。端末名・シリーズで条件分けをするのは少々しんどいです。

方法としては、大きな画像を作って、サイズ指定で無理やり小さして、解像度を維持するとかなんでしょうか。(現在検証中)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »