« これはすごい(youtubeがiモードで閲覧可能に) | トップページ | ウェブ系エンジニア募集してます »

2008年1月30日 (水)

フィルタリングの話

なんだか急に情報が出てきた、と思ったら総務省で検討会があったのですね。

フィルタリングの流れは「市場を守れ」とかそんなことよりももっと見えざる大きな力というものがありまして、そもそもそんなに簡単には変わらないと思います。まあそれぐらい携帯インターネットは社会的に影響力を持ちうる重要なメディア・プラットフォームとしての存在感・責任を問われる立場に至ったということであり、ある意味昔から関わってきた自分としては誇らしいです。一方で、どさくさにまぎれて、変なことが起きないように、ということを思うだけです。

ユーザーのためにできることは何か、責任とは何か。私にはもっとシンプルな問題として考えればよいと思うんですがね。

一方でモバイル業界は、限られた時間・物理的な装置・空間など、電波を頂点としたこうした「資源」の政治的獲得競争の連続であり、競争環境の変化は、有利な勢力と不利な勢力をどうしても生み出してしまう大人の事情があるため、ただややこしいのです。

とまあ、ぼやくふりをしてみました。

|

« これはすごい(youtubeがiモードで閲覧可能に) | トップページ | ウェブ系エンジニア募集してます »

よもやま話なこと」カテゴリの記事

コメント

いつも社長ブログを興味深く読ませていただいております。

フィルタリング規制のそもそもの有効性について思うところがあり、
代替案を(結構本気で)提案してみました。
http://d.hatena.ne.jp/shields-pikes/20080203/p1

既にさんざん議論されたアイデアかも知れませんが、携帯業界の端っこに
関わる者の一意見として、お読みいただければ幸いです。

携帯特化型の検索技術で最先端を行くエフルートが、もしコミュニティ機能を
持っているだけの理由などで未成年アクセス規制になったら、業界全体に
とっても大きな損失だと思います。
大変な時期だと思いますが、今後も勝手に応援させていただきます。

投稿: くろいぬ | 2008年2月 4日 (月) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1212/10161087

この記事へのトラックバック一覧です: フィルタリングの話:

» [提案]青少年を守る、携帯フィルタリングよりも有効な手段 [くろいぬの矛盾メモ]
未成年が、親の目の届かない場所で不特定多数の成年と対面することは、 多くの青少年事件の発端となる。このことに、異論は全く無い。 子供の安全を守るためにも、未成年と成年の出会いは国を挙げて阻止すべきだ。 しかし、このような事件の芽を阻止する目的の、未成年向け... [続きを読む]

受信: 2008年2月 4日 (月) 10時31分

« これはすごい(youtubeがiモードで閲覧可能に) | トップページ | ウェブ系エンジニア募集してます »