« 電波の力 | トップページ | モバイルSNSは2強体制から3強体制へ »

2008年2月28日 (木)

mobile Open IDの話

これに各社が参画すれば例えばモバゲーの個別情報を活用した新しいサードパーティーのサービスが出来たりする。ケータイの場合、PCと異なりID・PWDは基本いらない。こっちのほうが本来の姿ではないか。ドコモがiモードIDの導入を決めた以上ここから先は一気に進むはず。ここらでmobile Open ID VS Open ID戦争の勃発か?
通信キャリアは、ユーザー情報の囲い込みを行っているが(ISPである)一方でこういう角度からも急速なオープン化が進行することになるだろう。こういうのはファウンダーが重要である。独立したり経営を退任されて外野に行かれた方に取り組んでもらいたいテーマである。もっとも通信キャリアが主体的にopenIDに参画すれば、一気に主導権を確保できるわけでこれはもっと面白い展開だ。
私はmixiはケータイでしか使わないので、正直ID PWDは忘れてしまっている。Gmailはよく使うから覚えている。Yahoo!はログインして使わないから関係ないな。

こういう取り組みが仮にあるとするならば個人としては協力してみたい。

|

« 電波の力 | トップページ | モバイルSNSは2強体制から3強体制へ »

モバイルサービスなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1212/10813708

この記事へのトラックバック一覧です: mobile Open IDの話:

« 電波の力 | トップページ | モバイルSNSは2強体制から3強体制へ »