« お知らせ | トップページ | エニグモの挑戦 »

2008年3月14日 (金)

広末涼子と宇多田ヒカル

1990年代後半から2000年前半を代表する「アーティスト」が、この一年間で相次いで離婚した。なんかいろいろ考えさせられた。私にとっては大学を卒業するぐらいの頃・会社ができたばかりの頃をよく思い出してしまうものだ。彼らが絶頂の1999年に(これはもしかしたら間違ってるかも)売れ筋だったソニーがツーカーセルラーから新機種の発売を凍結すると発表し(私は当時ツーカーユーザーだった)、そのツーカーは3末で停波し、ソニーはドコモから事実上撤退するわけだ。そして何より広末涼子が始めたモバイルインターネット(iモード)のキャンペーン。当時加入者が100万人を超えて大騒ぎしたわけだが(ただの空騒ぎだったけれど)今や8000万人が使う規模にまでなった。502iのCMで、着メロが空からふってくるような演出のCMに驚愕した自分がそこにはいた。

|

« お知らせ | トップページ | エニグモの挑戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広末涼子と宇多田ヒカル:

« お知らせ | トップページ | エニグモの挑戦 »