« 居心地のよさの代償とは | トップページ | 連休中に読む本 »

2008年5月 2日 (金)

視聴率は案外正しい

スポーツなどのイベントの「瞬間視聴率」の最高値は必ずクライマックスになっている。その瞬間に同時に番組を見ている必要があるわけで、その積み重ねの数字が、クライマックスに合致する、というのは、案外数字は嘘をつかないのではないかと思っている。

一方で瞬間視聴率以外の指標で、例えばその番組全体の平均視聴率みたいな指標は、あまり正しいなあと思うが少なくなった。いい番組の数字が取れないとかざらにある。

ウェブにおける視聴率とは、ユニークユーザー数とページビューがそれにあたる。これはどれぐらい確からしいのだろうか。

ちなみに想定同時接続数(ユーザー数)は、ネットコミュニティーを見る指標として、私が体感的に活用する指数である。新着日記が一分間に何個書かれているか、とか、質問された投稿内容に何分で返信があるのか、とかそういう瞬間的な指標をはかるものがネットサービスにもっと登場してほしいと思う。

|

« 居心地のよさの代償とは | トップページ | 連休中に読む本 »

よもやま話なこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1212/20700353

この記事へのトラックバック一覧です: 視聴率は案外正しい:

« 居心地のよさの代償とは | トップページ | 連休中に読む本 »