« 弁当屋 | トップページ | ブログを読むバランス »

2008年5月 9日 (金)

インターネットを制するとは

http://k-tai.impress.co.jp/cda/parts/image_for_link/182527-39775-4-1.html

ここに、メッセージがあるけれど、インターネットを制するとは何なのだろうと思う。ユーザーを制することなのか、経済圏を作ることなのだろうか。それとも全く別モノなのだろうか。

近いうちにインターネットの中にも、リアルの世界の大陸や国や地域や家族のそれに代替されるものが全く違う形でできる。世界を制する、という観点から考えたとき、これまでの人間の歴史で大きな地殻変動を与えた各種要素である、例えば税金も、移動手段(交通)も、宗教も、武器も、薬もしかりである。

それがインターネットに置き換わると、いったい何になっていくのだろうか。移動手段がとりあえず「検索」かなとは思っている。

当社はモバイルインターネット、というよりは「スモールスクリーンの覇者」を目指している。変にケータイ、という世界に固執しているつもりはないけれど、それが自分たちの使命であると信じている。

スモールスクリーンの覇者とは、スモールスクリーンで、我々が世界で一番すぐれたサービスや事業を展開している、サービスや事業を展開する人たちを支援できる状況を生み出すこと、それを通じてスモールスクリーンの市場・新世界の創造、そこの人口移動が突き進んでいくようにすることが一つの答えであると思う。

|

« 弁当屋 | トップページ | ブログを読むバランス »

モバイルサービスなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インターネットを制するとは:

« 弁当屋 | トップページ | ブログを読むバランス »