« また一つ年を取った | トップページ | 急拡大する携帯向けコミック市場をさらに大きくさせたい »

2008年6月10日 (火)

きみは希少情報に翻弄されていないか

iPhone 3Gの発表は大変すばらしいけれど、細かく見ていくと「これはどうなんだろう」というものが結構ある。それが199ドルのインパクトですべて帳消しにされている印象だ。ヒット商品は最初は第一印象なので、これはこれで正しい。

これぞ情報戦の勝利である。ウェブディベロッパーがSDKに走れるのか?ウェブアプリケーションより敷居の高いこの分野のノウハウってほとんど世の中に流通していないのに大丈夫か、とか思ってしまう。

iPhoneは、アプリという意味では自由度が高く、モバイルウェブと比べると敷居の高いコンテンツプラットフォームなのである。この中でどうするべきか、なんだろう。

それにしても「世界共通価格」というのは素晴らしい。このとき書いたことを思い出した。このとき書いたことも思い出した。

|

« また一つ年を取った | トップページ | 急拡大する携帯向けコミック市場をさらに大きくさせたい »

よもやま話なこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1212/21551637

この記事へのトラックバック一覧です: きみは希少情報に翻弄されていないか:

« また一つ年を取った | トップページ | 急拡大する携帯向けコミック市場をさらに大きくさせたい »