« 競合する会社の社員同士ほど交流があるものだ | トップページ | お試しmy menuの恐るべきパワー »

2008年11月29日 (土)

なぜmixiは規制緩和するのか

実は昨今モバイルSNSの会員増加が鈍化している理由は、一つにはじわじわとフィルタリングの影響が出てきているからだと言われている。今は各社とも現状はフィルタリングの適用状態になっていて、このうちmixi以外は、来年の2月からフィルタリングの適用が一斉に解除となる。

2月以降、しばらく会員増加にはどめがかかっていていたgree・モバゲーの入会者数は一時的かもしれないが増えることは普通に予想が出来る。3月はケータイサービスの特需期でもある。最大手のmixiは、もしかしてこれにあせったのではないか、と思っている。

つまりは、EMAの申請を通すためには、青少年が使っている状況を作り出し(今までは18禁なので建前上青少年が使っていないことになっている)、一定の審査期間が必要だ。年末年始は、ユーザーかきいれどきであり、それに合わせて解放する、というところなのではないか、と思う。

規制緩和は、ともすれば既存ユーザーに反発を食らう。ならば徹底して行う、とかそういう戦略なのかなあ、と今回の発表を見ていて感じた。投資家の反応は案外正しいと思うので(ネット民主主義よりは正しいと思う)この施策はうまくいくことになるだろう。

ようやくこれでSNSがオープン化するわけで、新しい生態系の中で事業を組み立てうるタイミングが出来た、とポジティブに考えればよいと思う。

|

« 競合する会社の社員同士ほど交流があるものだ | トップページ | お試しmy menuの恐るべきパワー »

モバイルサービスなこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1212/25752210

この記事へのトラックバック一覧です: なぜmixiは規制緩和するのか:

» men mixi [今日の押さえておくべき重大ニュースダイジェスト]
ミクシィ笠原氏に聞くユーザー制限緩和とAPI公開の意味 BroadBand Watchミクシィは、11月27日に開催した発表会で、同社のSNS「mixi」のAPI公開や登録制への移行といったオープン化の施策を発表した。これまで最大手SNSとして招待制を採用してきたmixiにとって、登録制やAPI公開は大きな転換機と言える。今回の発表について、ミクシィ代表取締役 ...(続きを読む) 「mixi年賀状」受け付けスタート ITmedia住所を知らないmixiユーザーに年賀状を送れる「mixi年賀状... [続きを読む]

受信: 2008年11月29日 (土) 17時00分

« 競合する会社の社員同士ほど交流があるものだ | トップページ | お試しmy menuの恐るべきパワー »