« グリーが12月にマザーズ上場 | トップページ | 明日の朝 »

2008年11月14日 (金)

晩秋の宮崎

2005年から参加しているから今年で4年目かな。IVSに参加するため宮崎に来ました。毎年この時期。人生や仕事人生においていろいろと考えることの多いこの時期。相変わらず今年もいろいろなことが起こってます。

今回は、特に海外の人と片言の英語でいろいろコミュニケーションしてきました。一番印象的だったのが、中国最大のモバイルポータルサイト3G.CNの社長さん。(中国人経営者ではかなり男前の若者だった印象です)私が今一番注視している広州がやはり本拠地のようです。毎日100万人ぐらいは少なくともアクセスさせないと、黒字化しない、とかいろいろ言われました。

来週もカンファレンスです。今週末がマカオグランプリらしいマカオのモバイルのイベントに行ってきます。

業界のカンファレンスを英語で聞くと、ああ、こういう言い方をするのだ、とかなかなか勉強になります。自分たちのやっていること・価値観などを概念として再定義するときに、英語で表現することはとても意味があると思ってます。

自分は日本語で難しい表現をしてしまうくせがあるから、なおさらですかね。

また聞いていて流暢な英語は、教材としても案外役に立ちます。録音して自分の勉強に使えます。

海外に進出する、というのは、海外の仕事をしつつも、日本国内の本質がよりよく見えてくる、という最大の利点あるのだ、と再認識しました。また、海外にいれば、スマートフォンに取り組めるので、日本にいて、もしかして取り残されてしまうかもしれない事業プロデューサーとしての視点も、また磨くことができます。(変な杓子定規に自分が翻弄されずにすみます)

|

« グリーが12月にマザーズ上場 | トップページ | 明日の朝 »

よもやま話なこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1212/25330235

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の宮崎:

« グリーが12月にマザーズ上場 | トップページ | 明日の朝 »