« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月24日 (金)

成績優秀者ディナー

昨晩は2009年4月に入社したばかりの新卒の成績優秀者の人たちと「ディナー」に出かけてきました。場所は、、、、、、、、ペニンシュラです。(香港じゃなくて東京・日比谷)ワインが結構おいしかった。

新卒で入社したばかりの頃に、会社役員にこんな場所に連れて行かれたら、少しはびびりますかね。
200904232155001 200904232154000_2

実は、こんな私も10年前にそういうことがあり「ああすごいなあ」と圧倒された記憶があります。確か新宿のパークハイアットのレストランに連れて行かれた、、、ような。

今回は二人とも女子だったのですが、次回は男子を連れて行くことができるよう、各自業務に励むように!

| | トラックバック (0)

2009年4月22日 (水)

全社研修の話

前回に続いて研修の話です。全社研修は今年は二泊三日の韓国・ソウルでした。入社間もない新卒さんや、海外に行ったことのない社員にとってははじめての海外だったようです。

ソウルでは、社内の懇親イベントのほか、中期経営方針の説明、新卒の配属発表などがありました。自分に関係するところでは、私のほうから海外事業についての現状の説明をしたほか、「佐藤会長が中国に行く機会が増えたので、中国に持っていきたいものを韓国で新卒各自が買ってきて、私と社内全員の前でプレゼンを行い、私が1つだけ商品を買い取る」という研修もありました。なかなか各自志向が凝っていて、少ない期間でいろいろと私のことを調べ上げていたようです。

夜は、みんなで焼肉を食べに行ったり、私が大好きな韓国の焼酎を「これおいしいよ」と薦めて飲ませてつぶれてしまった社員がいたり、エステに行ったり、ソウルタワーに夜景を見に行ったり、もちろんカジノに行ったり、と日ごろの仕事とは違う時間を少しは満喫できたのかなあと思いました。

この全社研修は、エフルートで新卒が入社するようになった2007年から毎年この時期に実施するようになり、今回で3回目です。最後に九段のオフィスに戻るバスの車中で、新卒が全員の前で決意表明をする、というのも恒例となってきた感がありました。

| | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

ウォーキング研修

新卒研修の最後に、先週ウォーキング研修というものがあって今年は私も参加しました。40kmをひたすら歩く、という研修です。朝7時30分に船橋に集合し、18:00に成田駅に行く、という研修です。私はついていくだけでしたが、新卒自身が実際に計画を立てて、十数人にのぼる人を引き連れて歩く、という研修です。

思ったより高低差がなかったため、歩いた当日の夜と、翌日いっぱいぐらいは、少しでも歩くと足が痛くてなかなかつらかったですが、今はほとんど痛みもありません。翌日の朝初めて成田山にお参りに行きました。不動明王のお寺さんです。

このウォーキング研修の後全社研修があり、そのときに無事全員の配属が決まりました。

今週から実際に配属先での仕事の本格的なスタートです。

最近考えごとが多く、なかなかブログが更新できません、、、、。

| | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

入社式

今日は入社式だった。今年は9人の新しい若者がエフルートに加わった。欢迎你加入FROUTE!

新卒の社員が会社で働くようになってはや3年が過ぎた。この3年で会社は大きく変わった。変わる契機を作ったのは間違いなく若い血にあった。

3 年前入社した若い血は、いまや会社の即戦力として活躍を始めている。本人の努力と周りからの支援あってのことだとは思うが、突き放して考えれば、3年たって活躍しているのは、流れの速いモバイル業界では当たり前のことだ。逆に2年たって、頭角を表せないことのほうが危険だと思うし、それぐらいの危機感をもって仕事をしてちょうどいいぐらいだと思う。

話は変わって(肩を持つつもりもないんだけれど)、若い血に共通するのは、学生気分が抜けない、という以外は案外いいところがある、ということを自分は思う。その一つに「最初は自分たちは何もできない、ゼロからのスタートだ」ということを危機認識している部分ではないか。問題はそうした意識を忘れられずにいられるか、という部分にあると思う。

まとめれば、危機意識をしっかりもっている間にどれだけ自分自身で困難を抱え込んで、それを乗り越えていけるか、だと思う。そしてそれをどれだけ人より長く継続できるか。

若さゆえの長所を生かして、この一年がんばっていただき、来年笑って新しい後輩を受け入れられるよう、誇り高い人間になってほしい。また、いろいろな価値観・立場をもった人がいる社会・組織という大海原の中で、人よりも要領よくやっていく、そういう賢さも早く身につけられるとよいですね。

| | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »