« コーポレートサイトがリニューアル | トップページ | ウォーキング研修 »

2009年4月 2日 (木)

入社式

今日は入社式だった。今年は9人の新しい若者がエフルートに加わった。欢迎你加入FROUTE!

新卒の社員が会社で働くようになってはや3年が過ぎた。この3年で会社は大きく変わった。変わる契機を作ったのは間違いなく若い血にあった。

3 年前入社した若い血は、いまや会社の即戦力として活躍を始めている。本人の努力と周りからの支援あってのことだとは思うが、突き放して考えれば、3年たって活躍しているのは、流れの速いモバイル業界では当たり前のことだ。逆に2年たって、頭角を表せないことのほうが危険だと思うし、それぐらいの危機感をもって仕事をしてちょうどいいぐらいだと思う。

話は変わって(肩を持つつもりもないんだけれど)、若い血に共通するのは、学生気分が抜けない、という以外は案外いいところがある、ということを自分は思う。その一つに「最初は自分たちは何もできない、ゼロからのスタートだ」ということを危機認識している部分ではないか。問題はそうした意識を忘れられずにいられるか、という部分にあると思う。

まとめれば、危機意識をしっかりもっている間にどれだけ自分自身で困難を抱え込んで、それを乗り越えていけるか、だと思う。そしてそれをどれだけ人より長く継続できるか。

若さゆえの長所を生かして、この一年がんばっていただき、来年笑って新しい後輩を受け入れられるよう、誇り高い人間になってほしい。また、いろいろな価値観・立場をもった人がいる社会・組織という大海原の中で、人よりも要領よくやっていく、そういう賢さも早く身につけられるとよいですね。

|

« コーポレートサイトがリニューアル | トップページ | ウォーキング研修 »

社内・組織なこと」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入社式:

« コーポレートサイトがリニューアル | トップページ | ウォーキング研修 »