« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月23日 (土)

ラーメン道

市ヶ谷に少し前にできたラーメン屋さん。詳細
いつも混んでいるのですが、最近ようやく入ることができました。塩ラーメンが大好きなので結構好きかも。

http://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E9%81%93+%E5%B8%82%E3%83%B6%E8%B0%B7&lr=lang_ja&ie=utf-8&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja-JP-mac:official&client=firefox

| | トラックバック (0)

ユーザーはどこへ行く

スタービーチがサービスの一部終了を発表したり、EMMAを通過していないサイトのアクセスが(おそらく)減少したりと、明らかに勝手サイトのユーザーの大移動が起こりつつある(ように見える)昨今ですが、それではユーザーはどこに行ったのか、ということがもっぱらの関心事ですが、私が知る限りでは別に「リアル」という世界にそこまでユーザーが大移動している印象もありません。

そうするとじゃあ実際はどうなのか、ということはいろいろな人から聞かれることですが、残念ながら私もよくわかっていません。ただし一サイトあたりの滞在時間数が増えて、あまりたくさんのサイトを渡り歩かなくなってきているなかでそうした動きが相殺されているのかな、ということは痛感します。

実際にロイヤリティーの高いユーザーをかこっているサービスほど、PVや収益で打撃を受けていないような印象があります。

たくさんの裾野の広さを追いかけることよりも、少数のユーザーのパフォーマンスをいかにして高めうるか、潜在性の高いユーザーを囲い込んでいるか、とか。

これまでは投資家は、不確定的な要素については、とにかく裾野の広さや、広くなりうるポテンシャルがあるかどうか、をもっぱら評価してきたような、気がしますがここから先はどうなのでしょうかね。

グリーのユーザーの大半が釣り竿を「積極的」には購入しているわけではないことは皆が知っていますが、一方で投資家はグリーが1000万人のコミュニティーだと見ていたりします。

まあ、サービス産業とは総じてそうしたものなのかもしれません。世の中に対する影響力としてはそれでも裾野の広さが重要だけれど、実質的な本質は、そこにはない、とか。

以前運営していたことがある掲示板サイトでは「なりきりチャット」と呼ばれるニッチな一分野がPVや広告収益のパフォーマンス全体の85%を占めたこともありました。

たまにはつぶやいてみました。

| | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

iモードブラウザとmixiアプリ

今年の一番というか唯一の新規事業ネタであるこの2つのテーマは実は今後案外密接に関連してくる。

ただし、数年前と異なり、エンドユーザーに対する情報の広がり方が多様化しており、新プラットフォーム(この場合新しいブラウザ)の広がり方が遅いため、当初その影響はどうしても限定的になる。

だからこそ、既存の抵抗勢力にじゃまされることなく、新たに踏み出すことができたのかなあ、と思っている。(でも逆に言えばブラウザのAJAX化なんてもっと早くできたはずなので、こんなに時間がかかってしまった、というのが正直なところだろう)

さらにふみこむと今後は、mixiに依存しなくても、オープンなアプリケーションを誰しもが作れるようになる。モバイルサービスはこれまで閉鎖的なものばかりだったから、少しでもオープンでインタラクティブな思想のアプリケーションは案外多くの人たちを魅了するかもしれない。googleの検索結果にエフルートの検索結果を出したりいろいろできるようになる。

メディアやサイトやブックマークという概念が大きくかわる。その変化を生かせたのはfacebookやgoogleであり、失敗したのがyahooやmyspaceだったということかな。

既存の勢力側からは、これまどでおり「検討はするけれどたいした問題ではない」というスタンスだろう。これは定額制がはじまったり、フルブラウザーが始まったり、検索エンジンが投入されたり、モバイルSNSが登場したときと基本的には同じことだ。

つまりは、一見すると、関係者にとってはたいしたことがないように見えるネタこそが、次の時代の新しいイノベーションを生み出しうるネタになるということだ。モバイル業界のイノベーションにはあまり連続性がないことは昔からある経験則な話だ。

私が今踏み出そうとしている、海外事業も、事情をよく知る人ほど、案外さめた目で見られているのが現実だ。それでも自分なりの確信と、確固たる自信があるのなら前に進まなければならない。

新しい分野へのチャレンジの答えは自分の心の中にある。

mixiアプリについての希望を書けば、グリーがmixiアプリを提供して、mixiユーザーとグリーユーザーが一緒につりゲームで遊べるようなよくわからない状況がいろいろ起こってほしいなあ、ということかな。(まあ無理だろうけれど)

|

2009年5月16日 (土)

帰国しました

先週の日曜から、インフルエンザで騒々しい成田空港から中国方面へ出張してきました。そして先ほど帰国しました。今回は途中台北に訪問し、台湾のモバイルインターネット事情についてもいろいろ勉強してきました。

いよいよ、今後の話もかなり具体的になってきました。近々お話しできると思います。

それにしても、広州はすでに昼間の気温が33度を超えており、もうすっかり夏です。湿度もすごい。

来週は残念ながらIVSには参加できませんが、まだ日本にはいます。

まだ東京でやり残している仕事もありますし、もちろん海外事業が本格的に始まっても、ある程度は国内の既存の仕事も見ていくつもりです。

もっとも、そろそろ時間もなくなってきたので、近々まとめていろいろな人にあっておこうかと考えてます。

| | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

BeeTV

今さかんに広告が掲載されていますが、実際見てみるとかなりクオリティーが高いと思います。クオリティーの高いネット動画は、合法的なサービスとして、有料・無料問わず、なかなか出会えないなあという印象でしたが、少しばかり常識を覆されました。

かけてるお金が半端ないので、当たり前かもしれませんが、小さく産んで大きく育てるのではなく、映画ビジネスのようなスケール感でいかなり勝負しているところがどうでるのでしょうかね。ここまで大規模にやるとなると、なかなか追随できる勢力も少ないので、逆にいける可能性は大いにあるでしょう。

これをきっかけに、動画配信について、CGM的なモデルによらないサービス・事業が立ち上がっていくことを期待したいです。しいては動画検索の収益化にも必ずつながります。

※私にとってのクオリティーとは、映像作品としての美しさとかクリエイターとしての完成度もある程度は重要かもしれませんが、実際に使う人にとってそれが最適な価値とうつりやすいパッケージになっているか、人がそれに対して「わざわざ」時間やコストを使ってみたいと思わせるものを持っているか、だと思っています。

| | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »