« 日中間の通信 | トップページ | 食生活事情 »

2009年7月19日 (日)

南北に移動する旅

駐在を開始して早々、木曜日から瀋陽に出張で来ています。明日戻るんだけれど、天気予報によると現在香港・珠江デルタ地域には、なんでも台風が接近しており明日の午前中に直撃する模様。飛行機が無事飛ぶのか心配でなりませんが、行くしかありません。

今日は、時間があったので、瀋陽の故宮に行ってきました。北京の故宮と構造はよく似ているのですが、こじんまりとしていました。世界遺産に登録されているそうです。

200642714278

故宮のそばには、大きなショッピングセンターと繁華街があり、街も見てきました。ただ街中で携帯をいじっている人は総じて広東より少ないです。電気屋・携帯屋も少ない印象。瀋陽といえば白酒と餃子とらしいので、いろいろ経験してきました。

瀋陽は広州と異なり、夏は湿度も低くとてもすごしやすい気候のようです。物価も少し低いようです。(タクシーは初乗り8元で広州より1元高いけど)ただ冬はマイナス30度になることもよくあるそうで、バルコニーのあるマンションは少ないようです。街の郊外は永遠と続くトウモロコシ畑です。北海道っぽい。

さて、瀋陽といえば、サッカーのようです。昨年のオリンピックのサッカー会場になったようで、それにあわせて街が大きく変わり(世俗的な店の規制も大規模に行われた模様です)、いよいよ地下鉄もできるようです。日本で言うと、札幌や新潟をひたすら大きくして人口が700万人になったところ、と考えればよいのかもしれません。

その他、瀋陽は日本に近い街です。(昔の奉天だから当たり前かも)日系企業の進出が多く、流通業も、軽く確認しただけでもイトーヨーカドー・SEIBU・伊勢丹などが進出してます。広州にはない吉野家もあります。空港では、中国語のアナウンスのあとに日本語で案内放送が流れる衝撃もあります。

広州から瀋陽までは、飛行機で3時間半の旅です。広州から日本まで3時間50分なので、ほとんど日本に移動しているのと感覚的には変わりません、、、。わかってはいたことですが、中国は南北に長いですね。これから中国南方航空のお世話になる機会が増えそうです。しょうがないので、ノースウェストのマイルをせっせかとためることにしました。

そんなことより、中国のリムジンバスはとにかく安い。自宅から広州白雲国際空港まで市内から50分の旅なのですが、わずか17元(約250円)しかかかりません。

中国では、バスについてはタクシーと違って運転手との面倒なやり取りもないし、慣れてしまえばかなりお得ですね。(市内のバスは危ないといわれますが、リムジンバスとか国境を越えるバスとかは、見たところ外人が多く安心できるようです)

|

« 日中間の通信 | トップページ | 食生活事情 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南北に移動する旅:

« 日中間の通信 | トップページ | 食生活事情 »