« 中国のモバイル広告業界の話 | トップページ | iPhone VS Ophone »

2009年8月21日 (金)

里帰り便のナゾ

土曜日に久々に帰国するのですが、そのための航空券を手配していて、いろいろ謎だらけだったのでここで紹介します。

通常国際線の航空券は日本人は日本発で購入します。ところが海外に駐在する人間は、現地発で航空券を購入することがあります。

日本発の航空券を正規に近い形で購入し、帰りの便を変更可能にしておいて、変更可能期間を長めにしておくという手もありますが(帰国の際に新たに日本発の航空券を購入し、ずらして使うということ)、頻繁に帰国するわけでもない限り、現地発にしたほうが航空券は案外安上がりです。これを「里帰り便」「呼び寄せ便」などと呼びます。

現地発で購入する方法は、中国系旅行サイトで購入するか、航空会社の中国発ページで購入します。

中国系旅行サイト
・CTRIP
http://www.ctrip.com
中国最大手の旅行サイト 楽天が出資、文字通り楽天トラベルの中国版、英語版もある
・JTB
http://jtb.etpass.com/
JTBと現地会社の協業サイト。大手。メニューが日本語で安心。(中国人には中国語向けメニューが用意されている)
・HIS 香港
http://www.his.com.hk/index.php
日本人が対応してくれますね。現地支店商品を無理やり日本HISで取り扱ってもらおうとすると、手数料が掛かるので注意。
・一起飞国际机票网
http://jps.yiqifei.com/

マニアックだが、経由便で安く購入したいときに活用できる。ここで調べてCTRIPで買う、など。

しかし現地発の会社で購入すると、VISAなどの国際クレジットカードはすべて3%の手数料を徴収されてしまいます。

・ANA中国
http://www.ana.co.jp/asw/wws/cn/j/?cid=TGTchina20090722
・JAL中国
http://www.cn.jal.com/ja/

この里帰り便なのですが、発売時期がいまいち不明確で、直前になると突然発売されたりします。3日前に発売され、ディスカウント率が高い、などいまいちわかりにくかったりします。

利用者が一定でないと、航空券の運賃とは安定しないものなのでしょうか。はてまた疑問です。

私が住んでいる広州は、不景気の影響で、いよいよこの秋にJALも減便が決まり、飛ぶ飛行機の数が少しずつ減っていきます。(ANAはこの春から半分になりました)悲しい限りです。

ところで、航空会社の中国国内向けメニューは日本国内ではなかなか見る機会が少ないため、はじめてみるとなかなか面白いかもしれません。

HISは華南では香港にしか支店がないため、購入するためには、香港に銀行口座をもっている必要があります。(HSBCなど)結構めんどくさいです。広州に支店ができないですかねぇ、、、。

|

« 中国のモバイル広告業界の話 | トップページ | iPhone VS Ophone »

よもやま話なこと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1212/31039968

この記事へのトラックバック一覧です: 里帰り便のナゾ:

« 中国のモバイル広告業界の話 | トップページ | iPhone VS Ophone »