2009年5月 8日 (金)

BeeTV

今さかんに広告が掲載されていますが、実際見てみるとかなりクオリティーが高いと思います。クオリティーの高いネット動画は、合法的なサービスとして、有料・無料問わず、なかなか出会えないなあという印象でしたが、少しばかり常識を覆されました。

かけてるお金が半端ないので、当たり前かもしれませんが、小さく産んで大きく育てるのではなく、映画ビジネスのようなスケール感でいかなり勝負しているところがどうでるのでしょうかね。ここまで大規模にやるとなると、なかなか追随できる勢力も少ないので、逆にいける可能性は大いにあるでしょう。

これをきっかけに、動画配信について、CGM的なモデルによらないサービス・事業が立ち上がっていくことを期待したいです。しいては動画検索の収益化にも必ずつながります。

※私にとってのクオリティーとは、映像作品としての美しさとかクリエイターとしての完成度もある程度は重要かもしれませんが、実際に使う人にとってそれが最適な価値とうつりやすいパッケージになっているか、人がそれに対して「わざわざ」時間やコストを使ってみたいと思わせるものを持っているか、だと思っています。

| | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

2008年広告費を見て思うこと

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0902/23/news082.html

いろんな意見があると思うけれど、一番の疑問は「モバイル検索連動広告が前年の2倍になった」という下り。まあでも2倍にする、ってすごいような気もするけれど、、、、。

検索回数の在庫は業界全体ではこの一年で相当伸びているのに(と私は思っています)、広告供給が2倍にしか至っていない(ここでは仮にですがそう言い切ってしまいます)というところにストレッチポイントがあると思う。今年はどこまで行くかな。

またこのモバイル検索連動広告に、コンテンツマッチなどが含まれているのだとすれば、ほとんどのモバイルSNSに掲載され、、、、、、、、、、(少なくとも大半の在庫を支配するgoogle分は一緒だと思う)

もちろん、メディアの作り手側からは、通信キャリアばかりに頼らず、もっと検索の在庫数を増やしていくべき根本の使命を負っていることを痛感する今日この頃です。

頓珍漢なことを書いていたらごめんなさい。

| | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

メイちゃんの執事

昨日から始まったテレビドラマですが、なんかすごくネット検索されているっぽいですね。モバイル検索の回数もなかなかすごいようです。メイちゃんの執事は原作はコミックで、コミックの売上や電子書籍の配信数なども気になるところです。

メイちゃんの執事をエフルートでも是非検索してみてください!

ブログの引用数のはね方mixiの日記の言及数も最近見たドラマの中ではかなりすごい状況です。評判も上々です。視聴率の結果はいかに・・・・。榮倉奈々はこのドラマで一気に人気挽回ですね。

| | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

これからは本郷三丁目でもはたらきます

突然でもありませんが、本日プリファード社と当社のモバイル検索事業に関する戦略的提携の発表をさせていただきました。当社の検索事業は今やかなり多岐にわたっています。社内外に向けた根底的変化と非連続な成長をねらって、思い切って外部パートナーに解放します。

エフルート社はこれまで、パー トナー経由含めた月間数億回にのぼる検索動向等の圧倒的なユーザー資産・開発してきたプロダクト・その他一連のノウハウ等を積み上げてきました。これを外部パートナーに解放するにあたり、単なる事業提携や業務委託という形にするのではなく、お互いのリソースを持ち寄って、より大きな果実をねらいにいきやすいインセンティブを 設定した上で、仕事の進めやすさ(当社のカルチャーとプリファードさんのカルチャーを考えて)を考え、LLPという形態になりました。これは社長尾下のアイディアです。

スキーム先行に思われるかもしれませんが、実際にR&D自体は少しずつ始まっていて、今月中にいわゆるファイル検索系のアーキテクチャーから順次切り替えていく予定です。

わたくし自身も、当面は実際の検索のR&Dの作業を行う、プリファードさんのオフィス(本郷三丁目にあります)で仕事をする時間を増やそうと思ってます。1月には後任の担当者が入社します。このプロジェクトがうま くいかないと私が海外に行けないのは自明なことなので、本気でやります。

それにしてもほかの会社で仕事をするといろいろなことが発見できたりとても集中できます。そういう意味で自分的にはとても新鮮です。会長室ができたような感じですね。

今回の発表に関しては、専門的な分野における事業提携なので、門外漢な人には、なんのこっちゃ、と思われるかもしれませんが、モバイル検索は、5年後のネットビジネスの根幹を担う分野だと思ってますので、なんのこっちゃと思われないようやっていきます。賛否両論、期待や不安含めてブログなどでいろいろ書いていただけるととても助かります、、、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

マリオカートが大人気

先週末ぐらいからなんだか知らないけれど、実写版マリオカートの動画がはやっているらしくとんでもなく検索されている。ヤフー急上昇ワードとかには特にのってないけれど、間違いなくきていると思うのは自分だけなのかな、、、、、、。

一応モバゲー検索でもキーワードでは、リコメンドされている模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

シーエー・モバイルさんに検索エンジンの提供を開始

今日からいよいよシーエー・モバイルさんのseaftyyに検索エンジンの提供が始まりました。リリースも出ました。
http://v.japan.cnet.com/news/release/story/0,2000067550,00038442p,00.htm

今回の提携で、検索エンジンの提供の裾野がまた一歩大きく広がるのかな、と思ってます。今回は、さらにモバイル企業として超大手の一角でいらっしゃるシーエー・モバイルさんにご採用いただく、というのにまた意義があるのではないかと考えてます。(逆のケースは今までいろいろとありましたが、彼らが我々のサービスやソリューションをご採用いただいたのは今回が初めてなのかなと思ってます)

先日から始まったiMENUコンテンツ検索も、昨日からいよいよ一般検索からの連動もスタートしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

日本で一番正しい音楽検索ランキング

エフルートの自社サービスの話ではないんだけれど、(多分)今日からiMENUミュージックに、検索ランキングコーナーが出来ている。先日当社のほうでもサービス提供を開始させていただいたmusic検索サービスとの連動が始まっている。

これがなかなかすごくて、何がすごいかといえば、1位が某アーティストになっていることだ。そしてこれは何よりモバイルSEOやモバイル検索連動広告の広告出稿の重要な資料になるはずである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

ゲーム検索も開始

先ほどからiMENUでゲーム検索が開始されました。すでに開始している音楽検索と同時並行で進めていたので、突貫開発の連続でむちゃくちゃ大変でしたが、関係者の皆さん、まずはおつかれさまでした。もう一つ最後の難関が待ってますが・・・。

運用はここからなので(音楽検索結果は毎日のように結果が変わっていますが)、少しでもよい検索結果を出していくことができるよう頑張りたいと思います。

もちろんエフルートでもできるだけ早い段階でゲーム検索の提供開始を目指します!自社サービスへのフィードバックも大切です。

私のほうですが、もろもろ落ちついてくるので、すでに複数社の方に打診させていただいているのですが、今月の下旬20日ごろから中国の複数の都市を回る予定です。11月にも別件で行きますが、今回は広州・上海・北京のネット企業や(モバイルネット企業でなくてもよいと思ってますが・・・)マーケティングまわりの会社さんの事情・日本人のネット企業の赴任事情等を見に行く予定です。もし時間が合えばとか、夕食でも、と思う方がいらっしゃれば個別にご連絡いただいても結構です。

中国にはひとりでサービスを作る人とかブロガーという人たちが存在しないのかもしれませんが、そういう人たちも探せたらいいなあ、とか勝手に思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

docomoにエフルートが検索エンジンを提供

本日リリースが出ましたが、明後日24日からエフルートが順次docomoのiMENUに検索エンジンの提供を開始させていただくことになりました。(10月からは一般検索との連動も始まります)

エフルートの検索サービスが、これまでとは桁違いであるiモード公式メニューを使う数千万人以上の膨大なユーザーに使っていただくことが、何より嬉しいことです。

コンテンツ系の専門検索では、これで水面下で提供している部分も含めて名実ともに国内最大手のシェアを取れたと考えています。

最大手に甘んじることなく、ユーザーの膨大な検索動向と、大量のコンテンツデータベースを活用した適正なチューニングを適時実施し、最適な検索結果を提供することで、モバイルインターネット上の情報流通・コンテンツ流通を加速させ、モバイルネット市場を拡大していくことを目指していきます。

モバイル検索の最先端のトレンドは、今後はコンテンツ検索等を中心とした専門検索の部分、パーソナライズ・ソーシャル検索の部分へと戦場が少しずつシフトしています。それぞれの新しい戦場で適正なタイミングで事業を展開していきたいと考えています。またいろいろな取り組みを発表していくことが出来るようがんばります!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

突然ですがモバイルサービスを買収し始めました

今日正式にリリースが出ましたが、これからモバイルのサイトをいろいろと買収していこうと思ってます。その試金石にしたいなあと思っているのが今回のソーシャルブックマークサービスの買収です。

考えてみれば当社はコーポレート機能がしっかりしてきているので、それをIPOに向けるという方針はあるのですが、一方で、もっと直近でいろいろと生かしていきたいなあと思っていたところでした。その一つが、公式コテンンツ分野において多様なデジタルコンテンツの権利処理を積極的に推進する(電子書籍等のリッチコンテンツのDL数は国内5強には入っていると思いますが)、ということであったり、こうした取り組みであると考えています。

会社webサイトのお問い合わせ窓口には、以前から掲載していますが、サイトを引き取るということの相談にはずっと応じていますのでこれを期にお問い合わせいただいても結構です。

さらには、最近のインタビューでも、お応えしていますが、当社は、検索・リッチコンテンツ・P4P広告という分野で、収益回収手段を確立しながら、検索を中核としたバリューチェーンを確立しつつ、B2Cサービスを行っていくことを追求してきました。結局サービスは、利益を上げないと続けられません。ユーザーやオーナーのために、身銭をきることは、一見かっこよくても、それは究極的には彼らのためにはなりません。担当者や個人的な満足感だけで、営利サイト・営利事業は運営できません。私自身個人でサイトを運営していたときにそれは痛感していて、だからこそ今は会社という器でいろいろなことを行っています。

一方で、買収といっても、私自身買収されたり、過去にそういう経験がないわけではないので、たとえ買収側にたったとしても、サービスの根源については、あくまで尊重していく文化が当社にはあるのかなあと思ってます。(オーナーのためというよりはユーザーのためにという意味で)

検索サービスをソーシャル化するというのは、今後モバイルでは各社が競って展開する分野なのかなと思います。モバイルSNSよりもキラーサービスになる可能性は大いにあります。キャリア公式メニューの検索サービスでは、おそらく当面は展開できないでしょう。だからこそ、当社のような存在のプレイヤーが先陣を切って行うべきと考えています。

すでに数万というサイトオーナーを抱えたランキングサイトを保有している当社は、これをソーシャルブックマークに置き換えていくことで、国内最大のソーシャル検索サービスを作っていくことは不可能ではありません。

もちろん、ことなる異質のサービス同士を融合して新しい価値を見いだす、というのはとてもリスクも大きく、やりがいのある仕事です。

というわけでがんばります!

追伸

同時期に、私が「単身」海外に行くとか、ニュースが出ていますが(そんな個人的なことをわざわざニュースにしていただいて正直恐縮です)、その話は明後日からの福岡とか釜山には別に行かないので、また近いうちにブログに書きたいと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧